静岡新聞NEWS

サマソニに伊東の灯籠 デザイナー三枝さん会場装飾

(2019/8/9 09:43)
野外音楽フェス「サマーソニック」に向け、灯籠や造形の制作を進める三枝さん=伊東市宇佐美
野外音楽フェス「サマーソニック」に向け、灯籠や造形の制作を進める三枝さん=伊東市宇佐美

 伊東市のデザイナー三枝文子さん(42)が16~18日、千葉県で開かれる国内最大級の野外フェス「サマーソニック」のアートワークを担当する。会場の幕張メッセと千葉マリンスタジアムをつなぐ通路を光とチョウをテーマに装飾する予定で、「伊東らしい灯籠飾りで存在感をアピールしたい」と意気込む。
 三枝さんは同市で三枝飾工房を主宰し創作活動に取り組む。今回は70年以上の歴史がある伊東の松川灯籠流しに使われる灯籠を、走馬灯のように回転するように仕立てて飾り付ける。城ケ崎海岸に飛来する海を渡るチョウ「アサギマダラ」などをモチーフにした造形も制作している。
 昨年、都内のアートイベントでコラボしたガラス造形作家の生田目礼一さんが、サマーソニックのアートワークに携わっていた縁で参加が決まった。
 伊東ではサマーソニックの名称をもじった「サバーソニック&アジロックフェスティバル」が行われている。同イベントにも協力している三枝さんは「本家のサマソニにも出展したいと夢見ていた。多くの人に伊東を知ってもらえれば」と喜んだ。7日は市役所で小野達也市長に参加を報告した。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト