静岡新聞NEWS

大わらじ担ぎ良縁祈願 御殿場、女性たち威勢良く

(2019/8/7 09:31)
長さ約3メートルの大わらじを担いで練り歩く女性ら=御殿場市
長さ約3メートルの大わらじを担いで練り歩く女性ら=御殿場市

 長さ約3メートルの大わらじを担いで練り歩く御殿場市の奇祭「御殿場わらじ祭り」が4日、開かれた。「わらじ娘」と呼ばれる女性たちが歩行者天国になった市中心部を威勢良く進み、良縁成就や登山者の安全を祈願した。
 大わらじは健脚や良縁の象徴とされ、片方(1個)約100キロ。地元高校生ら42人が1足(2個)の大わらじを担ぎ、富士山御殿場口登山道の起点である新橋浅間神社を出発。「わっしょい、わっしょい」と掛け声を上げながら約650メートル練り歩いた。
 男性が担ぐ長さ4メートルの大金剛杖や、富士山の語呂にちなんだ長さ2・23メートルの「わらじ合わせみこし」が続いた。人を乗せたわらじを引いて速さなどを競う「わらじ競争」も行った。
 御殿場わらじ祭りは、かつて御殿場では箱根越えをする旅人のためのわらじ作りが盛んで、わらじ作りに優れた女性は良縁に恵まれたとの言い伝えに由来する。1972年に富士山開山行事として始まり2001年を最後に一度途絶えたが、12年に復活した。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト