静岡新聞NEWS

境内に響く弦楽三重奏 竹あかりと調和、幻想的に 久能山東照宮

(2019/5/14 08:46)
幻想的な空間で開かれた演奏会=静岡市駿河区の久能山東照宮
幻想的な空間で開かれた演奏会=静岡市駿河区の久能山東照宮

 夜の境内でクラシックや雅楽の音色を楽しむ音楽演奏会が12日夜、静岡市駿河区の久能山東照宮で始まった。多くの参拝者が足を止め、幻想的な風景と豊潤な音色の調和に酔いしれた。
 開催中の夜間特別拝観「天下泰平の竹あかり2019」(同東照宮、静岡鉄道主催、静岡新聞社・静岡放送共催)に関連して企画した。初日は静岡交響楽団のメンバーが弦楽三重奏を神楽殿で披露。バイオリンとビオラ、チェロの3奏者がクラシックや童謡「赤とんぼ」をはじめとする日本の名曲をメドレー形式で響かせた。
 静岡鉄道運輸課の久朗津敏雅課長(32)は「特別な演出に豊かな音楽を加え、多くの方が久能山東照宮の魅力に触れるきっかけとしたい」と語った。
 演奏会は全4回で、静岡交響楽団は6月9日にもクラシック曲を演奏する予定。5月19日と6月16日には県護国神社雅楽会が出演する。いずれも午後7時、同50分、8時半からの3回に分け、20~30分程度演奏する。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト