静岡新聞NEWS

「湯汲み式」恵みに感謝 伊豆・修善寺温泉街

(2019/4/22 09:11)
僧侶から湯を受ける湯汲み娘=伊豆市修善寺の独鈷の湯
僧侶から湯を受ける湯汲み娘=伊豆市修善寺の独鈷の湯

 伊豆市の修善寺温泉街で21日、春の風物詩として親しまれている「春季弘法忌 湯汲(く)み式」が行われた。同温泉を発見したとされる弘法大師と温泉の恵みに感謝する恒例行事で、多くの見物客でにぎわった。
 ピンクと赤を基調とした華やかな着物に身を包んだ地元の女性31人が「湯汲み娘」として、同温泉発祥の地とされる「独鈷(とっこ)の湯」で僧侶から木おけに湯を受けた。湯汲み娘は木おけを手に、僧侶や稚児ら約200人とともに温泉街を練り歩いた。湯はパレード後、修禅寺本堂の弘法大師霊前に献湯された。
 湯汲み式は毎年4月の春季弘法忌に合わせて実施している。修善寺調理師協会は食材への感謝の意を込めて桂川にアユを放流した。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト