静岡新聞NEWS

「ORIGAMI」世界へ 吉沢氏企画展、14日開幕 三島

(2019/4/13 07:36)
吉沢章氏が手掛けた多彩な折り紙の作品=12日午後、三島市の佐野美術館
吉沢章氏が手掛けた多彩な折り紙の作品=12日午後、三島市の佐野美術館

 国内外で数々の展覧会を開催し、世界に「ORIGAMI」を広めた折り紙作家吉沢章氏(1911―2005)の作品を集めた企画展「吉沢章 創作折り紙の世界」(佐野美術館、三島市、市教委、静岡新聞社・静岡放送主催)が14日、同市の佐野美術館で開幕する。
 展示作品は高さ2メートルを超えるキリンや巨大なライオンから小さなアリまで、折り紙で造形した多彩な約600点。モチーフによって素材を変えていたという吉沢氏は、1枚折りを基本に顔の表情や動物の躍動感、立体感を折り紙の曲線などで表現している。
 栃木県出身の吉沢氏は1955年にオランダで開いた海外個展をきっかけに、世界各国から注目を集めた。県東部の企業が製造する紙を使うなど本県との関わりもあり、同美術館での展示は4回目となる。一昨年秋に作品が同美術館に寄贈されたのを記念して企画された。
 12日には吉沢氏の義妹で国際折り紙研究会の菊川多美子さん(84)が会場を訪れ、「広く折り紙の楽しさを知ってもらうのが本人の願い。多くの人に来てもらいたい」と来場を呼び掛けた。企画展は6月30日まで。入館料は一般千円、小中学生・高校生500円。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト