静岡新聞NEWS

熱海の魅力を写真と絵で 川島小鳥さん、画家と2人展

(2019/4/9 08:15)
熱海で初の展示を開いている(右から)川島小鳥さん、小橋陽介さん=3月下旬、熱海市渚町の大舘建設ビル
熱海で初の展示を開いている(右から)川島小鳥さん、小橋陽介さん=3月下旬、熱海市渚町の大舘建設ビル

 代表作「未来ちゃん」「明星」で知られる写真家の川島小鳥さん(38)が都内と熱海市の2拠点生活を送り、市内で精力的に作品を制作している。画家の小橋陽介さん(39)=東京都=との2人展「飛びます」が21日まで、同市の大舘建設ビル6階で開かれている。同市での展示は初。
 川島さんは2015年に「明星」で木村伊兵衛賞を受賞後、17年に同市に制作拠点を設けた。これまでにアイドルグループ「King&Prince」、女優の吉岡里帆さんらの撮影を市内で敢行。「自然や温泉、神社といった昭和の風景が残り、観光地の楽しさと切なさがある」と街の魅力を語る。
 同展では、旧知の友人の小橋さんと熱海で共同制作した作品を中心に展示。同市のみやげ店「論lonesome寒(ロンサム)」店主の横須賀馨介さん(29)の協力を得て、海から徒歩1分のビル空きフロアでの展示を決めた。打ちっ放しコンクリートの空間には、川島さんが撮影した俳優の太賀さんらの写真と、クリームソーダやビーチ、人物を色彩豊かに描いた小橋さんの絵が織り交ざり、ノスタルジックな夢のような雰囲気が漂う。
 入場料300円。会場では同展の作品集を先行販売するほか、手ぬぐいやTシャツなども販売している。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト