OLYMPIC PHOTO
  • facebook
  • twitter
  • LINE

あの感動をもう一度

静岡新聞記事や掲載写真を中心に、
1964年東京大会から2016年リオデジャネイロ大会までの五輪を回顧する特集です。

静岡県にゆかりのある選手やエピソードだけでなく、
世界的に有名な選手、記憶に残る名シーンなどをシリーズでお届けします。

静岡新聞に掲載されなかった未公開写真や、当時の紙面も収録。

2020年に向けて当時の熱気を振り返ります。

  1. SERIES 01

    1964 東京五輪 聖火 静岡県に“上陸”

    無我夢中で聖火をつなぐ。
    脳裏に焼きつく嵐のような声援
    1964年10月3日、東京五輪の県内聖火リレー。愛知、静岡の県境に聖火が到着し、静岡県を舞台にした”ドラマ”が始まった。2622人のランナーが県内185.1キロ、114区間を3日間にわたって駆け抜けた。県西部版の5回分を収録。
    静岡新聞2019年3月25~29日、いずれも夕刊掲載(全5回)
    未公開写真8枚、1964年当時の紙面4ページ分
  2. SERIES 02

    1964 東京五輪 聖火 県都・静岡へ

    リレー隊23人ひたむきに
    途切れぬ沿道の声援が後押し
    「聖火を無事につなごう」。1区間23人で構成された1964年東京五輪の県内聖火リレー隊。中学生から学生、社会人まで、隊によってさまざまな年齢のランナーが心を一つに足並みをそろえた。沿道にはひと目見ようと人々が駆けつけた。県中部版の4回分を収録。
    静岡新聞2019年4月23~26日、いずれも夕刊掲載(全4回)
    未公開写真8枚、1964年当時の紙面4ページ分
  3. SERIES 03

    1964 東京五輪 引き継がれた聖火

    富士川越えて箱根へ
    本県リレー隊2622人走り切る
    1964年東京五輪の県内聖火リレーは10月6日、県庁前を出発した。輝く駿河湾を抜け、富士川を越えて県東部へ。沼津市では16万人が国道1号沿いに詰めかけた。アーケードによじ登り、箱根の山まで足を運ぶ市民も。県民2622人でつないだ聖火は無事、神奈川県へ引き継がれた。県東部版の5回分を収録。
    静岡新聞2019年5月27〜31日、いずれも夕刊掲載(全5回)
    未公開写真8枚、1964年当時の紙面4ページ

このたびは「オリンピックフォト」をご覧いただき誠にありがとうございます。
ぜひ、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。今後のサービスに役立てます。

※ご意見やご感想は本サイトで掲載することがあります。あらかじめご了承ください。

※お問い合わせにつきましてもこちらのフォームをご利用ください。