さあ、超えていこう。

今の自分で満足していないか。
下ばかり見ないで、上を見据えているか。
今日の自分は、昨日の自分より1ミリでも前へ進んでいるか。

ここは通過点だ。
立ち止まったら、そこで終わり。

ユピテル・静岡新聞SBSは、これまでを超えようと挑戦し続ける人たちを応援し、それが可能になる機会を提供します。

あなたが輝く舞台は整った。
さあ、これまでの自分を、超えていこう。

ABOUT LPGAステップ・アップ・ツアーとは

LPGAステップ・アップ・ツアーとは、一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(LPGA)が運営するゴルフトーナメント。

LPGAレギュラーツアーに出場権を持たない選手及び新人を対象に、
試合経験を積ませるとともに、選手の育成・レベルアップを図ることを目的に開催。

新人・若手選手の発掘育成の場として注目を浴びているトーナメント・ツアーです。

超ドS

静岡を変えるのは、政治じゃない。

ドは、ド真ん中のド。超とかSUPERに近い。Sはもちろん、静岡新聞SBSを指す。去年までのスローガンであった「ドS。」は、これまでの静岡新聞SBSを超えろ、という意味だった。そして、今度の「超ドS。」のSには、誠に勝手ながら、静岡とそこに住むみなさん(静岡新聞の購読者以外の方々も)を含めさせていただきたいと思う。超ドS。それはつまり、静岡のみんな一人ひとりが、これまでを超えようということ。今年、静岡新聞は、75周年を迎える。誰だ。中途半端だな、と思ったのは。75周年も、4分の3世紀と言われたら、へんな迫力がある。100周年まで4分の1しかないと思えば、気合いも入る。そして、SBSは、65周年を迎える。うん、これは確かに中途半端かもしれない。でも、64周年に比べたら、中途半端じゃない。今年、静岡新聞SBSは、動岡新聞SBSになったつもりで動きまくる。静岡県民のみなさんも、動岡県民になったつもりで、一人ひとりが自分を超えよう。そうじゃないと、静岡は変わらない。東京の変化をただ眺めているだけではいけない。