2015年大会トピックス一覧

2015年08月18日 08時17分 @S[アットエス] by 静岡新聞

エスコートキッズ、選手と笑顔で入場

選手と共に入場するエスコートキッズ=袋井市愛野のエコパスタジアム

静岡県西部の児童44人が16日、袋井市愛野のエコパスタジアムで行われたSBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)でエスコートキッズを務めた。
 小学3〜6年生を対象にした体験型プログラム「静新SBSチャレンジクラブ」の一環。児童は4組に分かれ、日本、静岡ユース、クロアチア、スペインの選手たちと手をつないでピッチに登場。笑顔で記念撮影した。
 静岡ユースの村松航太主将と入場した男子児童(浜松追分小5年)は「緊張したけど、優しく話し掛けてくれた。頑張ってほしい」と話し、地元のサッカースポーツ少年団でプレーする男子児童(浜松広沢小4年)は「自分もいつかこの舞台でプレーしたい」と目を輝かせた。

2015年08月17日 13時16分 @S[アットエス] by 静岡新聞

U―18クロアチア代表が優勝 2勝1PK勝ち

U―18日本―U―18クロアチア 前半14分、先制ゴールを決めるU―18クロアチアのボジチ選手=16日午後、袋井市のエコパスタジアム

 SBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)は16日、袋井市のエコパスタジアムで最終戦を行い、U―18(18歳以下)クロアチア代表が2―1でU―18日本代表を下し、2勝と1PK勝ちの勝ち点8で優勝した。日本代表は勝ち点2で最下位。

2015年08月17日 13時15分 @S[アットエス] by 静岡新聞

最終日(16日)

 SBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、静岡県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)は16日、エコパスタジアムで最終戦2試合を行った。U―18(18歳以下)クロアチア代表が2―1でU―18日本代表を下し、2勝と1PK勝ちで優勝した。1―1の後半12分、クレノヴィチが決勝点を挙げた。日本は勝ち点2で最下位。静岡ユースはU―18スペイン代表に0―1で敗れ、総得点でスペインが2位、静岡が3位となった。大会最優秀選手はU―18クロアチア代表のビツンジャツ(フィオレンティナ)が選ばれた。

2015年08月17日 13時14分 @S[アットエス] by 静岡新聞

<最終日>静岡、終了間際に失点

静岡ユース−U―18スペイン 前半、ミドルシュートでゴールを狙う静岡ユースの荒井(右)=エコパスタジアム

U―18スペイン代表 1(0―0 1―0)0 静岡ユース
▽得点者【ス】ヒメネス(アルタミラノ)

 【評】静岡はボールを支配されながら守備で対抗したが、終了間際に失点し、スペインに惜敗した。
 前半は球際の技術に勝るスペインに主導権を握られた。前からのプレスを仕掛け、決定機を与えなかった。19分、福井の左クロスを赤木が頭で合わせたが惜しくもバーを越えた。31分、荒井のミドルシュートはGKに阻まれた。
 後半、スルーパスに加納が抜け出すが、決められず、逆に後半39分に左CKからヒメネスのヘディングで決勝点を奪われた。

2015年08月17日 13時14分 @S[アットエス] by 静岡新聞

<最終日>日本V逸で最下位

U―18日本―U―18クロアチア 後半、相手守備をかわし攻め込むU―18日本の三好=エコパスタジアム

U―18クロアチア代表 2(1―1 1―0)1 U―18日本代表
▽得点者【ク】ボジチ(フィンティチ)クレノヴィチ(なし)【日】岸本(浦田)

 【評】日本はクロアチアの堅守を崩せなかった。
 序盤からボールを支配したが、ラストパスやシュートの精度を欠いた。得点は前半24分に浦田の左クロスに岸本が飛び込んで挙げた1点のみだった。
 クロアチアは守備でリズムをつかんだ。前半14分、ボジチが粘り強く押し込み先制。同点の後半12分はセットプレーからクレノヴィチが決めた。終盤は11人全員が自陣に引いて守りを固め、逃げ切った。

2015年08月17日 13時14分 @S[アットエス] by 静岡新聞

<最終日>クロアチア、好機確実に

 2度の得点シーンを含めても、クロアチアの好機は数えるほどだ。シュートは日本の半分の5本。連係の精度や個々の技術も日本が上だった。それでも、厳しい欧州を主戦場とする強豪は、最後にきっちり勝ちきった。
 先制点のボジチ、決勝点のクレノヴィチとも、日本DFと競り合いながらゴールにねじ込んだ。守っては要所で手荒いプレーや時間稼ぎもいとわない。6度の警告に、勝利への執念がにじみ出た。

2015年08月16日 19時22分 @S[アットエス] by 静岡新聞

【速報】SBSカップ国際ユースサッカー(16日)

◇SBSカップ国際ユースサッカー(16日、エコパスタジアム)
▽最終日
U―18スペイン代表 1(0―0 1―0)0 静岡ユース
▽得点者【ス】ハビエル・ヒメネス
U―18クロアチア代表 2(1―1 1―0)1 U―18日本代表
▽得点者【ク】ボジチ、クレノヴィチ【日】岸本

▽最終順位 (1)U―18クロアチア代表 勝ち点8(2)U―18スペイン代表 同4(3)静岡ユース 同4(4)U―18日本代表 同2

2015年08月16日 08時17分 @S[アットエス] by 静岡新聞

静岡ユース、スペインに挑む 逆転V向け最終戦

 SBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、静岡県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)は16日、エコパスタジアムで最終戦2試合を行う。優勝争いは3チームに絞られ、勝ち点5のU―18(18歳以下)クロアチア代表が首位に立つが、静岡ユース、U―18日本代表にも逆転優勝の可能性がある。
 静岡はU―18スペイン代表に挑む。クロアチアにPK戦で敗れたが、日本戦はFW加納の2得点で勝ち点3をもぎ取った。粘り強い守備からのカウンターで勝機をうかがう。スペインは大会前、メンバーが全員そろって練習できたのは1日だけと調整不足が露呈し、日本とクロアチアに連敗した。攻守の欠点を修正し、「無敵艦隊」の誇りをかけて静岡戦に臨む。

2015年08月15日 08時55分 @S[アットエス] by 静岡新聞

第2日(14日)

 SBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、静岡県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)第2日は14日、草薙陸上競技場で2試合を行った。静岡ユースは2―1でU―18(18歳以下)日本代表を制した。U―18クロアチア代表は2―1でU―18スペイン代表に逆転勝ちし、連勝で首位に立った。スペインは連敗。
 優勝争いは勝ち点5のクロアチア、同4の静岡、同2の日本に絞られた。

2015年08月15日 08時51分 @S[アットエス] by 静岡新聞

<第2日>静岡、日本に競り勝つ

U―18日本―静岡ユース 前半11分、先制ゴールを決める静岡ユースの加納(左)=県営草薙陸上競技場

静岡ユース(4) 2(2―0 0―1)1 U―18日本代表(2)
▽得点者【静】加納2(立川、村松)【日】久保田(浦田)

 【評】静岡は少ない好機を確実に生かした。
 序盤から日本にボールを支配されたが、前半11分に立川のスルーパスに抜け出した加納が冷静に決めた。40分にも加納が追加点。浦田のパスに相手守備の背後を突いた。シュートは阻止されたが、こぼれ球を押し込んだ。
 日本は11本のシュートを放ったが、後半17分の久保田の得点を含め枠内シュートは3本だけ。ボールを保持する時間が続いただけに、工夫のある攻撃を仕掛けたかった。

2015年08月15日 08時50分 @S[アットエス] by 静岡新聞

<第2日>日本不覚、速攻に泣く

 格下相手に敗れる典型的な試合だった。日本はボールを支配しながら、速攻からの2発に泣いた。内山監督は「美学のサッカーだけで勝てるほど甘くない。中央を固められているのに、真ん中から攻めてしまう。サイド攻撃を続ければ、いずれ中央が開くのに」と嘆いた。
 主将の坂井も「前半から気付いていれば…。後半は目が覚めたが、サイドを起点にすればもっと楽に戦えたはず」と悔やんだ。後半17分、久保田の得点は浦田の左クロスを一美がスルーして生まれたもの。その後も戦い方を徹底し両サイドから攻め続けたが、時すでに遅しだった。

2015年08月15日 08時48分 @S[アットエス] by 静岡新聞

<第2日>U―18日本、邦本けが離脱

 日本サッカー協会は14日、SBSカップ国際ユースサッカーに出場しているU―18日本代表の邦本宜裕(福岡)がけがのため離脱すると発表した。

2015年08月15日 08時47分 @S[アットエス] by 静岡新聞

<第2日>クロアチア、スペインに逆転勝ち

U―18スペイン―U―18クロアチア 試合終了間際、決勝ゴールを決め喜び駆け出すU―18クロアチアのトラヴァリヤ(右)=県営草薙陸上競技場

 U―18クロアチア代表 (5) 2(0―1 2―0)1 U―18スペイン代表(1)
▽得点者【ク】ティン・マティチ(なし)トラヴァリヤ(マグリツァ)【ス】ぺレス(なし)

  【評】クロアチアがスペインを逆転した。
  後半26分、交代したばかりのティン・マティチが縦パスを受け、GKをかわし同点。終了間際にトラヴァリヤが右クロスを合わせ勝ち越した。
 敗れたスペインは優勝の可能性が消えた。前半21分の得点でリードするなど終始、試合の主導権を握った。だが、相手に少ない好機をものにされた。

2015年08月15日 08時45分 @S[アットエス] by 静岡新聞

<第2日>クロアチア拘束男性殺害悼む

 スペイン―クロアチア戦の試合前、選手はセンターサークルを囲んで黙とうした。過激派組織「イスラム国」傘下のグループが、拉致、拘束していたクロアチア人男性を殺害したとする声明をインターネットで公表したため。観客も黙とうをささげ、冥福を祈った。

2015年08月14日 08時03分 @S[アットエス] by 静岡新聞

<第1日>ハリル監督が視察 有望選手に鋭い視線

SBSカップの視察に訪れた日本代表のハリルホジッチ監督(右から2人目)=13日午後、藤枝市の藤枝総合運動公園サッカー場

 藤枝市の藤枝総合運動公園サッカー場で13日に開幕したSBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)に日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(63)が視察に訪れた。U―18(18歳以下)日本代表対U―18スペイン代表の開始前、メーンスタンドの貴賓席に姿を表すと、拍手を送った観客に手を振って応えた。

2015年08月14日 08時02分 @S[アットエス] by 静岡新聞

第1日(13日)

U―18日本―U―18スペイン 後半27分、頭で同点ゴールを押し込むU―18日本の坂井選手(中央)=13日午後、藤枝市の藤枝総合運動公園サッカー場

 SBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)は13日、藤枝総合運動公園サッカー場で開幕した。U―18日本代表は坂井大将(大分)のゴールでU―18スペイン代表に追いつき、PK戦は6人がすべて決めて初戦をものにした。静岡ユースはU―18クロアチア代表を相手に0―0(PK3―4)で敗れた。大会第2日は14日、静岡市の草薙陸上競技場で行う。

2015年08月14日 08時01分 @S[アットエス] by 静岡新聞

<第1日>日本、スペイン下す

U―18日本―U18―スペイン 後半、ドリブルで攻め込むU―18日本の高木(手前左)=藤枝総合運動公園サッカー場

 U―18日本代表(2)1(0―0 1―1)1(PK6―5)U―18スペイン代表(1)
▽得点者【日】坂井(なし)【ス】ガルシア(カルモナ)

  【評】日本はスペインを圧倒したが、勝ち越し点は奪えず、PK戦で勝利した。
 序盤から素早いプレスで相手のミスを誘った。テンポの良いボール回しでゴールに迫ったが、精度を欠いた。
 後半22分に一瞬の隙を突かれて失点した。反撃に出た日本は27分に高木のシュートのこぼれ球を坂井が押し込んで追い付いた。その後も相手の背後を突いて攻勢を強めたが、1点が遠かった。PK戦は日本のGK広末が相手の6人目を止めた。

2015年08月14日 08時00分 @S[アットエス] by 静岡新聞

<第1日>静岡、守備粘り善戦

静岡ユース−U−18クロアチア 前半、ミドルシュートで果敢にゴールを狙う静岡ユースの立川=藤枝総合運動公園サッカー場

 U―18クロアチア代表(2)0(0―0 0―0)0(PK4―3)静岡ユース(1)

  【評】安定した守備で試合を進めた静岡は、クロアチアに0―0の末、PK戦で敗れて初戦を落とした。
 静岡は前半、ボールを支配されたが、村松、立田らDF陣が安定した守備で対応した。攻撃面はミドルシュートの精度を欠いた。リズムが出てきた後半は森下、鈴木が前線をうかがい決定機をつくった。
 クロアチアは長身のDFミクリチを中心に静岡のシュートコースを封じた。GKの好セーブも光った。

2015年08月13日 08時11分 @S[アットエス] by 静岡新聞

ウエルカムパーティー 出場4チーム健闘誓う

健闘を誓い合う(左から)スペイン代表のシモン、クロアチア代表のフィンティチ、日本代表の坂井、静岡ユースの村松の各主将=静岡市駿河区登呂の静岡新聞放送会館

 13日に開幕するSBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、静岡県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)のウエルカムパーティーが12日、静岡市駿河区登呂の静岡新聞放送会館で行われた。出場する日本、スペイン、クロアチアの各U―18(18歳以下)代表と静岡ユースの選手、監督が抱負を語り、大会での健闘を誓った。

2015年08月12日 08時25分 @S[アットエス] by 静岡新聞

スター候補ら静岡に集結 13日に大会開幕、16日まで

SBSカップ国際ユースサッカー日程

 2015SBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)は13日、開幕する。高校生世代の県内選手で選抜された静岡ユースのほか、17年に開かれるU―20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)仁川で上位進出をうかがう日本、スペイン、クロアチアのU―18が総当たりのリーグ戦を行う。日本は2年ぶりの優勝を狙う。「無敵艦隊の予備軍」となるスペイン、東欧の強豪クロアチアとどんな戦いを見せるか。攻撃的なサッカーを目指す静岡も勝機を探る。将来のスター候補生がピッチを駆け巡る勝負の行方は―。

2015年08月11日 08時10分 @S[アットエス] by 静岡新聞

U―18日本代表 板倉を追加招集

 日本サッカー協会は10日、13日開幕のSBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送など主催)U―18日本代表メンバーのDF野田裕喜(熊本・大津高)が負傷したため、代わりにDF板倉滉(川崎)を招集すると発表した。

2015年08月06日 08時44分 @S[アットエス] by 静岡新聞

静岡ユースが磐田と練習試合 SBS杯に向け調整

静岡ユース―磐田 前半、静岡ユースの赤木(左から2人目)がシュートを放つ=ヤマハ大久保グラウンド

 SBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)に出場するU―18(18歳以下)県選抜「静岡ユース」は5日、J2磐田と練習試合(30分×2本)を行い、本番に向けて調整した。

2015年08月05日 08時46分 @S[アットエス] by 静岡新聞

U―18日本代表18人決定 SBS杯国際サッカー

 日本サッカー協会は4日、13日に開幕するSBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、静岡県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)に出場するU―18(18歳以下)日本代表のメンバー18人を発表した。
 日本は13日にU―18スペイン、14日に静岡ユース、16日にU―18クロアチアと対戦する。
 メンバーは次の通り。

2015年08月02日 08時17分 @S[アットエス] by 静岡新聞

静岡ユース18人決定 主将に村松(清水ユース)

 13日に開幕するSBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、静岡県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)に出場するU―18(18歳以下)県選抜「静岡ユース」の18人が1日までに決まった。監督は掛川工高の川口敬則氏、主将は清水ユースの村松航太が務め、スペイン、クロアチア、日本のU―18代表と対戦する。
 静岡ユースは高校から9人、清水ユース6人、磐田ユース2人、JFAアカデミー福島1人が選ばれた。高校の内訳は静岡学園から5人、東海大翔洋と飛龍からそれぞれ2人。

2015年07月29日 15時14分

8月1日(土)夕方4時半放送
SSBSみなスポ5 2015SBSカップ開幕直前SP
“静岡が一番熱くなる時”

 8月1日(土)放送 SBSテレビ「SBSみなスポ5」は、通常回より30分放送時間が拡大され、夕方4時半より放送。2015SBSカップ開幕直前SP“静岡が一番熱くなる時”と題して、スタジオゲストに武田修宏さん、松原良香さんを迎えて2015SBSカップ国際ユースサッカーの大会のチーム情報や見どころを紹介します。
 また、7月20日エコパにて開催されたSBSカップ関連トークショー「ノボリ・良香・ノブのサッカーSPトーク『日本が世界で勝つための条件』」をダイジェストにしてお送りします。
 澤登正朗さん、山田暢久さん、なでしこJAPAN 宇津木瑠美選手、宇佐美貴史選手(ガンバ大阪)もVTR出演。皆さん、お見逃しなく!

2015年07月21日 08時24分 @S[アットエス] by 静岡新聞

世界戦、個の力向上鍵 元Jリーガーらトークショー

日本サッカーの未来について語り合う(左から)宇津木瑠美選手、沢登正朗さん、松原良香さん、山田暢久さん=20日午後、袋井市のエコパスタジアム

 8月に行われるSBSカップ国際ユースサッカーの関連トークショー「日本が世界で勝つための条件」(静岡新聞社・静岡放送、エコパハウス主催)が20日、袋井市のエコパスタジアムで開かれた。沢登正朗さん、松原良香さん、山田暢久さんの本県ゆかりの元Jリーガー3氏に加え、サッカー女子ワールドカップ(W杯)で準優勝した日本代表「なでしこジャパン」の宇津木瑠美選手もスペシャルゲストで登場。日本サッカーの未来について熱く語り合った。

2015年07月17日 08時50分 @S[アットエス] by 静岡新聞

静岡市長に大会PR 県協会副会長ら

田辺市長(右)に大会をPRする高田副会長(中央)=静岡市役所

 8月に県営草薙陸上競技場(静岡市駿河区)など県内3カ所で開かれるSBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催)に向け、県協会の高田稔副会長と静岡新聞社・静岡放送の秋山勇雄常務らが16日、同市役所を訪れ、田辺信宏市長に大会をPRした。

2015年07月13日 11時05分

なでしこジャパン ワールドカップメンバー 宇津木瑠美選手の出演が決定!
サッカースペシャルトークショー

 7月20日(月・祝)にエコパスタジアム レセプションルームで、ゲストに澤登正朗さん、松原良香さん、山田暢久さんを迎えて開催される2015SBSカップ国際ユースサッカーの関連トークショー「ノボリ、良香、ノブのサッカースペシャルトーク~日本が世界で勝つための条件~」(静岡新聞社・静岡放送、エコパハウス主催)に、なでしこジャパン ワールドカップメンバーのMF 宇津木瑠美選手(フランス・モンペリエHSC所属)が出演することが決定しました。

2015年07月09日 08時02分 @S[アットエス] by 静岡新聞

静岡ユースを選考 SBS杯国際ユースサッカー

ウオーミングアップする静岡ユースの候補選手=三保グラウンド

 8月に県内で開催されるSBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催)に出場する静岡ユースの選考会が8日、静岡市清水区の三保グラウンドで行われた。2013年東京国体に出場したサッカー少年男子のメンバーを中心とした21人の候補選手が、清水ユースとの練習試合(30分3本)に臨んだ。

2015年07月01日 08時41分 @S[アットエス] by 静岡新聞

藤枝市長を訪問、協力依頼 県協会理事ら

北村市長(中央)に大会をPRする竹山専務理事(右)と秋山常務=藤枝市役所

 8月13日にSBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催)が開かれる藤枝市の北村正平市長を、県サッカー協会の竹山勝自専務理事と静岡新聞社・静岡放送の秋山勇雄常務が30日訪ね、大会への協力を依頼した。
 同市の藤枝総合運動公園サッカー場では、「U―18日本代表―スペイン」(午後4時から)と「静岡ユース―クロアチア」(午後6時20分から)が行われる。

2015年07月01日 08時36分 @S[アットエス] by 静岡新聞

袋井市長に見どころ紹介 静岡県協会専務理事らPR

原田市長(左)に大会をPRする竹山専務理事(右)と秋山常務=袋井市役所

 8月にエコパスタジアム(袋井市愛野)など静岡県内3カ所で開かれるSBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催)を前に、県サッカー協会の竹山勝自専務理事と静岡新聞社・静岡放送の秋山勇雄常務が30日、同市役所を訪れ、原田英之市長に大会をPRした。

2015年06月11日 19時00分

2015年大会の試合日程と前売り券情報のご案内

 8月13日に開幕する2015SBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)の対戦カードと開始時間が決まりました。前売り入場券は6月27日より販売。詳細につきましては「2015年大会案内」をご覧ください。

2015年04月25日 08時03分 @S[アットエス] by 静岡新聞

スペイン、クロアチアU―18参戦 8月13日開幕

 8月に開催するSBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)はスペインとクロアチアのU―18(18歳以下)代表を招待することが24日、決まった。U―18日本代表と静岡ユースを加えた4チームが8月13日から3日間、1回戦総当たりのリーグ戦で争う。
 初日は藤枝総合運動公園サッカー場、14日は県営草薙陸上競技場が会場となる。15日の休養日を挟み、最終日の16日はエコパスタジアムで行う。前売り券販売の詳細や対戦カードは今後決定する。

年別トピックス

大会記録アーカイブ