2014年大会トピックス一覧

2014年08月18日 09時03分 @S[アットエス] by 静岡新聞

最終日(17日)

 SBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)は17日、草薙陸上競技場で最終戦2試合を行った。U―19(19歳以下)コロンビア代表が1―0で静岡ユースを下し、3戦全勝で優勝した。前半17分、イバルゲンが決勝点を挙げた。静岡ユースは勝ち点4で2位。U―19日本代表はPK戦でU―19韓国代表に敗れ、勝ち点3で3位だった。韓国は勝ち点2で最下位。大会最優秀選手はコロンビア主将のフアン・キンテロ(デポルティーボ・カリ)が選ばれた。

2014年08月18日 09時03分 @S[アットエス] by 静岡新聞

<最終日>静岡、コロンビアに屈す

静岡ユース―U―19コロンビア 前半17分、決勝ゴールを決めるコロンビアのイバルゲン(左)=草薙陸上競技場

 U-19コロンビア代表(9) 1(1―0 0―0)0 静岡ユース(4)
▽得点者【コ】イバルゲン(バレーラ)

 【評】静岡は守備陣の奮闘も実らず、コロンビアに惜敗した。序盤から球際での勝負で後手に回り、前半17分、DFの背後を突かれ決勝点を奪われた。
 GK長沢は前半38分と後半12分のピンチに好セーブを披露。DF松原もライン上でシュートをブロックするなど相手の攻撃に耐えた。
 反撃の糸口をつかめずにいた攻撃陣は、終盤に好機をつくった。大石が右サイドを再三突破したが、あと一押しを欠いた。

2014年08月18日 09時03分 @S[アットエス] by 静岡新聞

<最終日>日本、PK戦で惜敗

U―19日本代表―U―19韓国代表 前半8分、U―19日本代表の坂井(中央)が先制ゴールを決める=草薙陸上競技場

 U-19韓国代表(2) 2(2―1 0―1)2 U-19日本代表(3)
(PK5―4)
▽得点者【韓】ソル・テス(ファン・フィチャン)キム・ヒョンウク(キム・ゴニ)【日】坂井(金子)大山(PK)

 【評】日本が2戦連続のPK戦に持ち込んだが、1人目が外して韓国に敗れた。
 日本は前半8分、左サイドから展開し、金子のスルーパスを受けた坂井の得点で先制した。だが、その後は攻め手を欠いた。30分にDFのミスから同点とされた。38分、相手にドリブルで持ち込まれ、逆転を許した。
 後半31分、FKから相手のファウルを誘ってPKを獲得し、大山が決めて追い付いた。PK戦は4―5だった。

2014年08月17日 19時22分 @S[アットエス] by 静岡新聞

【速報】SBS杯国際ユースサッカー(17日)

 SBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)最終日は17日、草薙陸上競技場で2試合を行った。U―19コロンビアが1―0で静岡ユースを破り、3戦全勝で優勝した。

2014年08月17日 08時28分 @S[アットエス] by 静岡新聞

静岡ユース、コロンビアに挑む V懸け最終戦

 SBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)は17日、草薙陸上競技場で最終戦2試合を行う。1勝1敗(PK戦負け)の2位から逆転Vを狙う静岡ユースが、2連勝で首位に立つU―19(19歳以下)コロンビア代表に挑む。
 静岡はU―19韓国代表を3―2で撃破。PK戦で敗れたU―19日本代表戦も互角以上の戦いを演じ、勢いに乗る。コロンビアは3得点1失点。ボール支配率を重視しつつも、実際は粘り強い守備から手数を掛けない逆襲で好機をつくる。

2014年08月16日 08時42分 @S[アットエス] by 静岡新聞

第2日(15日)

 SBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)第2日は15日、愛鷹広域公園多目的競技場で2試合を行った。U―19(19歳以下)日本と静岡ユースの対決は1―1の末にPK戦に突入し、日本が4―2で制した。U―19コロンビアは2―1でU―19韓国に逆転勝ちし、2戦全勝で首位に立った。韓国は2連敗となった。この結果、日本の3連覇の可能性は消え、優勝争いはコロンビアと静岡に絞られた。

2014年08月16日 08時41分 @S[アットエス] by 静岡新聞

<第2日>コロンビア連勝

U―19コロンビア―U―19韓国 後半、U―19コロンビアのバレーラ(右)がU―19韓国のイ・ジョンビンと競り合う=愛鷹広域公園多目的競技場

 ビアが逆転勝ちした。
 前半8分、ボランチのレンテリアが負傷で交代。1分後にCKから先制されるなど、序盤はリズムを失った。
 前半30分、相手からボールを奪ったR・キニョネスの速攻からオテーロが決め、後半7分にも速攻から逆転した。その後も途中出場のロドリゲスのスピードを生かし、攻撃の手を緩めなかった。
 韓国は前半に4本のシュートを放ったが、後半は1本に終わった。

2014年08月16日 08時40分 @S[アットエス] by 静岡新聞

<第2日>日本、静岡に薄氷勝利

静岡ユース―U―19日本 前半、ヘディングするU―19日本の三浦(左)=愛鷹広域公園多目的競技場

 U―19日本代表(2) 1(1―0 0―1 PK4―2)1 静岡ユース(4)
▽得点者【日】越智(川辺)【静】望月(なし)

 【評】日本は先制しながら追い付かれ、PK戦の末に静岡を下した。
 日本は前半24分、相手守備陣の背後に抜け出した越智のゴールで先制。しかし、その後は連動性を欠き、ミスも目立った。後半開始から一気に5人を入れ替えて打開を試みたが、最後まで流れを変えられなかった。
 静岡は前半こそ押し込まれたが、後半から上原を投入して反撃。24分、前線の激しいプレスから望月が決めて追い付き、その後もサイドから積極的に攻め込んだ。

2014年08月16日 08時39分 @S[アットエス] by 静岡新聞

<第2日>前線からプレス 静岡、格上と互角

静岡ユース―U―19日本 前半、ゴール前に攻め込む静岡ユースの水谷(右)=愛鷹広域公園多目的競技場

 「日本代表を乗っ取ってやる」。試合前から静岡ユースの気持ちは高ぶっていた。結果はPK戦負け。納得はいかない。ただ、1歳上の代表を最後まで苦しめた。
 1点を追う後半24分。直前に投入されたストライカー望月の嗅覚がうずいた。水谷が敵陣深くで相手DFを追い掛けて誘ったパスミスに反応。「流れを変えたかった。自分の形に持ち込めた」。ドリブルでDFを一気にかわし、得意の左足を振り抜いた。

2014年08月15日 08時13分 @S[アットエス] by 静岡新聞

第1日(14日)

静岡ユース―U―19韓国 後半23分、3点目のPKを決めた宮本(4)に駆け寄り笑顔を見せる静岡ユースの選手=14日午後、藤枝市の藤枝総合運動公園サッカー場

 SBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)は14日、藤枝市の藤枝総合運動公園サッカー場で開幕した。

2014年08月15日 08時12分 @S[アットエス] by 静岡新聞

<第1日>静岡、韓国に競り勝つ

静岡ユース―U―19韓国 前半、ドリブルでゴール前に攻め込む静岡ユースの森主(6)=藤枝総合運動公園サッカー場

 静岡ユース(3) 3(1―1 2―1)2 U―19韓国代表(0)
▽得点者【静】松原(西沢)水谷(望月)宮本(PK)【韓】チョ・ジェワン(パク・ミンギュ)イ・ジョンビン(なし)

 【評】静岡が好機を確実に生かし、決定力を欠いた韓国に競り勝った。
 前半5分、CKを西沢―松原と頭でつないで先制した。29分にサイドを崩されて追い付かれたが、後半13分に鮮やかなパス交換から水谷が押し込んだ。
 後半23分、小谷のドリブル突破で獲得したPKを宮本が決めて突き放しに成功。2分後に守備陣のミスから失点し1点差とされたが、終盤の相手の猛攻は最終ラインが高い集中力で耐え抜いた。

2014年08月15日 08時11分 @S[アットエス] by 静岡新聞

<第1日>日本、コロンビア崩せず

U―19日本―U―19コロンビア 前半、果敢なドリブル突破からパスを出すU―19日本の金子(中央)=藤枝総合運動公園サッカー場

 U―19コロンビア代表(3) 1(0―0 1―0)0 U―19日本代表(0)
▽得点者【コ】ロドリゲス(D・キニョネス)

 【評】日本はコロンビアの堅守を崩せず、初戦を落とした。
 前半から守備を固める相手に攻め手を欠いた。ボールを支配して金子のドリブル突破などで打開を図ったが、好機に結び付けられなかった。
 後半は坂井、諸岡を投入。ショートカウンターなどで攻撃の形はつくったが、決定機までは至らなかった。守備陣は粘り強くゴールを守ったが、32分に隙を突かれ失点。終了間際の川辺のミドルは惜しくも枠を外れた。

2014年08月15日 08時00分 @S[アットエス] by 静岡新聞

東京五輪の合宿誘致 県、コロンビアに働き掛け

コロンビアサッカー協会の幹部(左)に合宿誘致を働き掛ける県の担当者=14日午後、藤枝市の藤枝総合運動公園サッカー場

 2020年の東京五輪・パラリンピックの事前合宿誘致を目指している県の担当者は14日、SBSカップ国際ユースサッカーに参加しているコロンビアのサッカー関係者と藤枝市内の試合会場で会い、県内への誘致を働き掛けた。同市の担当者も同席して市内への誘致を要請した。

2014年08月14日 09時41分 @S[アットエス] by 静岡新聞

若き精鋭、14日から熱戦 4チーム健闘誓う

健闘を誓い合う(左から)コロンビア代表のダリオ・ロドリゲス(主将代理)、韓国代表のイム・スンギョム、日本代表の三浦弦太、静岡ユースの森主麗司ら各主将=静岡市駿河区登呂の静岡新聞放送会館

 14日に開幕するSBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)のウエルカムパーティーが13日、静岡市駿河区登呂の静岡新聞放送会館で行われた。U―18(18歳以下)の選手で構成する静岡ユース、U―19の日本、韓国、コロンビアの全4チームの主将や監督が出席し、健闘を誓い合った。

2014年08月14日 09時40分 @S[アットエス] by 静岡新聞

韓国のキム監督 思い出しみじみ

 U―19韓国代表のキム・サンホ監督(49)は1982年大会に、韓国王者だった錦湖高の中盤の選手として出場した経験がある。12日に草薙陸上競技場で行われたチーム練習で「懐かしい景色だ」と当時の記憶がよみがえったという。

2014年08月13日 10時24分 @S[アットエス] by 静岡新聞

SBS杯国際ユースサッカー 14日開幕

※17日の日本―韓国はSBSテレビで15:00から生中継。静岡―コロンビアは24:50から録画中継

 2014SBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)は14日、開幕する。18歳以下(U―18)の県内選手で選抜された静岡ユースのほか、15年にニュージーランドで開かれるU―20ワールドカップ(W杯)での上位進出を目指す日本、コロンビア、韓国のU―19代表が総当たりのリーグ戦で対戦する。3年連続の優勝をうかがう日本が、宿敵韓国や若手の成長著しいコロンビアにどんな戦いを見せるか。一つ下の世代となる静岡も虎視眈々(たんたん)と勝機を狙う。未来のスター候補生を探すのも大会の醍醐味(だいごみ)だ。 

2014年08月13日 10時23分 @S[アットエス] by 静岡新聞

静岡ユース 運動量の維持重視

静岡ユース

 2年前の岐阜国体4位のメンバーを中心に構成する。3月のヤングサッカーフェスティバルでは日本高校選抜に2―2と互角以上の戦いを演じた。静岡の誇りを胸に、格上の各国U―19代表に挑む。
 コンパクトな陣形で中盤を支配し、サイドアタックで得点機を見いだす。素早い攻守の切り替えと運動量を試合終盤まで維持できるかがポイントだ。

2014年08月13日 10時22分 @S[アットエス] by 静岡新聞

U―19日本代表 攻守の連動性が鍵

U―19日本代表

 10月にミャンマーで開催されるU―19アジア選手権を当面の目標に掲げる。日本の4大会ぶりのU―20W杯出場権獲得はなるか。かつてJ1磐田を率いた鈴木政一監督と内山篤コーチの二人三脚によるチームづくりは最終局面を迎えている。
 注目はアジア選手権予選ラウンドで同じ組に入った韓国との前哨戦だ。ホームで確実にたたき、2カ月後の決戦に向けて弾みをつけたい。

2014年08月13日 10時21分 @S[アットエス] by 静岡新聞

U―19コロンビア代表 タレント多く注目

U―19コロンビア代表

 4大会ぶりW杯出場となったブラジル大会でフル代表が初の8強入り。長期低迷にあえいだ南米の中堅国が列強の仲間入りを強烈に印象付け、国内がサッカー熱に沸き立つ。
 W杯で得点王や最優秀ゴール賞を獲得したロドリゲスは大会後、欧州のビッグクラブによる激しい争奪戦の末、レアル・マドリードへの移籍が決定した。22歳の成功物語は“第2のロドリゲス”を目指す今大会のメンバーを勇気づけたはずだ。若手が目覚ましい成長を遂げるコロンビアは、タレントの宝庫としても世界中から再注目を浴びる。

2014年08月13日 10時20分 @S[アットエス] by 静岡新聞

U―19韓国代表 精神面の強さ健在

U―19韓国代表

 W杯ブラジル大会ではフル代表が日本と同じく1勝もできずに予選敗退に終わり、韓国国内には失望が広がった。国民的英雄だった洪明甫(ホンミョンボ)監督やこれまでの育成システムなどに対する批判が渦巻いた。再起に向けて新たなスタートを切った若い「アジアの虎」はそんな雑音を振り払うべく、戦いに向けて牙を研いでいる。
 日本を長く苦しめてきた精神面とフィジカルの強さは健在だ。2年前のロンドン五輪では3位決定戦で日本を破って銅メダルを獲得した。今の若手には日本の選手にも劣らない足元のうまさもある。

2014年08月12日 08時52分 @S[アットエス] by 静岡新聞

日本代表メンバー変更

 日本サッカー協会は11日、14日に開幕するSBSカップ国際ユースサッカーに出場するU―19(19歳以下)日本代表のメンバー変更を発表した。

2014年08月09日 08時50分 @S[アットエス] by 静岡新聞

U―19日本代表メンバー変更 SBS杯国際ユース

 日本サッカー協会は8日、14日に開幕するSBSカップ国際ユースサッカーに出場するU―19(19歳以下)日本代表のメンバー変更を発表した。

2014年08月06日 08時47分 @S[アットエス] by 静岡新聞

U―19日本代表18人決定

 日本サッカー協会は5日、14日に開幕するSBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)に臨むU―19(19歳以下)日本代表のメンバー18人を発表した。
 県勢はJ1清水のDF三浦弦太とFW金子翔太、磐田ユースの石田崚真の3人が選ばれた。日本は14日にU―19コロンビア、15日に静岡ユース、17日にU―19韓国と対戦する。

2014年07月29日 08時00分 @S[アットエス] by 静岡新聞

静岡ユース18人決定 主将に森主(清水ユース)

 8月14日に開幕するSBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)に出場するU―18(18歳以下)県選抜「静岡ユース」の18人が28日までに決まった。監督は静岡市立高の武田直隆氏、主将は清水ユースの森主麗司が務め、韓国、日本、コロンビアのU―19代表と対戦する。

2014年07月22日 08時34分 @S[アットエス] by 静岡新聞

日本サッカーどう強化 元代表3氏、持論熱く 袋井

日本サッカーの今後について語り合う(左から)斉藤俊秀さん、名波浩さん、戸田和幸さん=21日午後、袋井市のエコパスタジアム

 SBSカップ国際ユースサッカーの開催を記念したトークショー「日本サッカーのビジョンはこれだ!!」(静岡新聞社・静岡放送、エコパハウス主催)が21日、袋井市のエコパスタジアムで行われた。元日本代表の名波浩さん(J2磐田アドバイザー)、斉藤俊秀さん(J1清水アンバサダー)、戸田和幸さんの3人が本音を熱く語り合った。

2014年07月16日 08時39分 @S[アットエス] by 静岡新聞

静岡ユースを選考

ミーティングで戦術を確認する候補選手たち=袋井市のエコパスタジアム補助競技場

 8月に開かれるSBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催)に出場する静岡ユースの選考会が16日夕、袋井市のエコパスタジアム補助競技場で行われ、18歳以下の候補選手たちがそれぞれ能力をアピールした。

2014年07月18日 07時29分 @S[アットエス] by 静岡新聞

日本サッカー協会 原専務理事が語る

SBSカップ国際ユースサッカーの意義を語る日本サッカー協会の原博実専務理事=17日午前、静岡市駿河区登呂の静岡新聞放送会館

 日本サッカー協会の原博実専務理事(55)が17日、静岡新聞社の取材に応じ、8月14日から県内で行われるSBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)の意義を語った。10代後半の選手が海外選手と戦う貴重な大会と捉え、「世界で通用する特徴的な選手が出てほしい」と期待した。

2014年07月16日 08時39分 @S[アットエス] by 静岡新聞

県サッカー協会理事ら、藤枝市長を訪問

大会をPRする竹山専務理事(中央)、秋山常務(左)と、北村市長=藤枝市役所

 8月14日にSBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催)が開かれる藤枝市の北村正平市長を、県サッカー協会の竹山勝自専務理事と静岡新聞社・静岡放送の秋山勇雄常務が15日訪ね、大会への協力を依頼した。

2014年07月17日 10時00分

名波・齊藤・戸田 スペシャルトーク
『~日本サッカーのビジョンはこれだ!!~』 観覧者募集!

 2014SBSカップ国際ユースサッカーの関連トークショー「名波・齊藤・戸田 スペシャルトーク~日本サッカーのビジョンはこれだ!!~」(静岡新聞社・静岡放送、エコパハウス主催)が7月21日(月)に同スタジアムで開かれます。ゲストに名波浩さん、齊藤俊秀さん、戸田和幸さんを迎え、日本サッカーのビジョンについて語り合います。
 このトークショーの観覧を希望する方はトークショー詳細ページよりお申込みください。応募締め切りは7月16日(水)。

2014年07月11日 10時00分 @S[アットエス] by 静岡新聞

名波ら元日本代表3氏がトーク 21日にエコパで

 SBSカップ国際ユースサッカーの開催を記念したスペシャルトークショー「日本サッカーのビジョンはこれだ!!」(静岡新聞社・静岡放送、エコパハウス主催)が21日午後1時、袋井市愛野のエコパスタジアムで開かれる。
 元日本代表の3氏が持論をぶつけ合う。ワールドカップ(W杯)のフランス大会にともに出場した名波浩さん(J2磐田アドバイザー)と斉藤俊秀さん(J1清水アンバサダー)、日韓大会出場の戸田和幸さんが登壇する。参加無料。

2014年07月03日 08時24分 @S[アットエス] by 静岡新聞

「未来のW杯選手出場」 静岡市長に大会PR

田辺市長(左)を表敬訪問する竹山専務理事(中央)ら=静岡市役所

 8月に県内で開かれるSBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催)のPRのため、県サッカー協会の竹山勝自専務理事と静岡新聞社・静岡放送の秋山勇雄常務が2日、開催地の一つ、静岡市の田辺信宏市長を訪問した。

2014年07月03日 08時24分 @S[アットエス] by 静岡新聞

東部で6年ぶり開催 沼津市長にPR

栗原市長(右)に大会をPRする竹山専務理事(中央)ら=沼津市役所

 8月に沼津市などで開かれるSBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催)を前に、県サッカー協会の竹山勝自専務理事と静岡新聞社・静岡放送の秋山勇雄常務が2日、沼津市役所に栗原裕康市長を訪ね、大会をPRした。

2014年06月10日 11時00分

マイルで若手選手支援
「JALネクストアスリート・マイル」がスタート

 2014SBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、静岡県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催)は、次世代を担うアスリートへの支援事業として日本航空株式会社(以下JAL)が設立した「JALネクストアスリート・マイル」プロジェクトの支援を受けることになりました。
 同プロジェクトはスポーツのさらなる振興と日本の将来を担う若手アスリートたちの育成を目的とした寄付事業です。趣旨に賛同したJALマイレージバンク(JMB)の会員が寄せたマイル相当額とJALからの浄財を合わせて、日本サッカー協会、日本トライアスロン連合、日本ラグビーフットボール協会、日本身体障害者陸上競技連盟の4団体を対象に寄付されます。
 サッカーでは本年度、SBSカップ国際ユースサッカーをはじめ、アンダーカテゴリーの日本代表の活動などに本プロジェクトの支援が活用されます。

2014年06月10日 10時52分 @S[アットエス] by 静岡新聞

マイルで若手選手支援、SBS杯も JAL

若手アスリート育成について語る日本航空の植木義晴社長(右)と澤穂希選手=9日午後、都内

 日本航空は9日、マイルを使って若手アスリートの活動を支援するサービス「JALネクストアスリート・マイル」を始めた。趣旨に賛同したJALマイレージバンク(JMB)の会員から集まったマイル相当額と同額を日航が拠出し、競技団体に寄付する。寄付金はSBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催)の運営支援や若手アスリートの育成資金として活用される。

2014年05月10日 08時47分 @S[アットエス] by 静岡新聞

コロンビア、韓国U―19参戦 8月14日開幕

 SBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)は9日、U―19(19歳以下)の韓国とコロンビア代表を招待することを決めた。U―19日本代表と、高校生年代で構成する静岡ユースを加えた4チームが8月14日から、1回戦総当たりのリーグ戦で優勝を争う。
 初日は藤枝総合運動公園サッカー場、15日は愛鷹広域公園サッカー場が会場。16日の休養日を挟み、最終日の17日は草薙陸上競技場で行う。前売り券販売の詳細や対戦カードは今後決定する。

年別トピックス

大会記録アーカイブ