2013年大会トピックス一覧

2013年08月19日 09時01分 @S[アットエス] by 静岡新聞

最終日(18日)

 2013SBS杯国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)は18日、最終戦2試合を行った。U―18(18歳以下)日本代表は優勝を懸けて戦った静岡ユースを1―0で破り、3戦全勝。勝ち点9で2年連続の優勝を飾った。静岡は勝ち点6で2位。U―18ロシア代表はPK戦でU―18ウルグアイ代表を下し、3位となった。

2013年08月19日 09時01分 @S[アットエス] by 静岡新聞

〔最終日〕日本、終了間際に一撃

静岡ユース―U−18日本代表 3試合連続無失点に貢献したU―18日本代表の三浦(右)=エコパスタジアム

U―18日本代表(9) 1(0―0 1―0)0 静岡ユース(6)
▽得点者【日】川辺(北川)

 【評】押し気味に試合を進めた日本が終了間際に均衡を破り、静岡を振り切った。
 日本が序盤から球を支配し、静岡ゴールを脅かした。サイドから再三好機をつくりながら、金子のヘッドがGKの正面を突くなど逸機が続いた。PK戦突入濃厚となった後半残り1分、川辺が蹴り込んで決着をつけた。
 静岡は最終ラインと中盤が連係して泥くさくゴールを死守。後半は反撃したが、最後に一瞬の隙を突かれた。ミスが目立ち、決定機の数は乏しかった。

2013年08月19日 09時01分 @S[アットエス] by 静岡新聞

〔最終日〕ロシア、PK戦で辛勝

U―18ウルグアイ代表―U―18ロシア代表 前半4分、ロシア・ダヴィードフ(左から2人目)がPKを決め先制する=エコパスタジアム

U―18ロシア代表(2) 1(1―0 0―1 PK5―4)1 U―18ウルグアイ代表(1)
▽得点者【ロ】ダヴィードフ(PK)【ウ】ダルベナス(なし)

 【評】ロシアがPK戦の末にウルグアイを下した。前半4分、ダヴィードフのPKで先制。その後は相手のパワーを生かした攻撃に苦しめられたが、鋭い逆襲で対抗した。
 ウルグアイはボール支配率では上回ったが、決定力を欠いた。再三の好機を生かせず、後半4分のダルベナスの1点にとどまった。

2013年08月19日 08時22分 @S[アットエス] by 静岡新聞

児童がエスコート 各国選手と堂々「入場」

選手と手をつなぎ入場する児童=袋井市愛野のエコパスタジアム

 県西部の児童44人が18日、袋井市愛野のエコパスタジアムで開かれたSBS杯国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)でエスコートキッズを務めた。
 小学3〜6年生を対象にした会員組織「静新SBSチャレンジクラブ」の企画。児童は4組に分かれ、日本、静岡、ウルグアイ、ロシアの選手と一緒にピッチに登場。笑顔で記念写真に納まった。

2013年08月18日 08時10分 @S[アットエス] by 静岡新聞

日本と静岡、全勝V争い 18日に最終戦

 2013SBS杯国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)は18日、エコパスタジアムで最終戦2試合を行う。2戦全勝で並ぶU―18日本代表と静岡ユースが優勝を懸けて激突する。
 連覇を目指す日本は、来季J1清水入りが内定している金子(JFAアカデミー福島)が2試合で3得点1アシストと絶好調。守備陣も県勢のDF三浦(清水)やGK高木和(清水ユース)を中心に今大会無失点と安定している。完全優勝を遂げ、10月のU―19アジア選手権1次予選に弾みを付けたい。

2013年08月17日 08時48分 @S[アットエス] by 静岡新聞

第2日(16日)

 2013SBS杯国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)第2日は16日、草薙陸上競技場で2試合を行った。U―18日本代表は、金子翔太(JFAアカデミー福島)が2得点を挙げるなど攻撃陣の活躍で、U―18ロシア代表に4―0と快勝した。静岡ユースは梅村晴貴(磐田ユース)のゴールでU―18ウルグアイ代表を1―0で退けた。

2013年08月17日 08時45分 @S[アットエス] by 静岡新聞

〔第2日〕静岡、終盤に決勝点

静岡ユース―U―18ウルグアイ代表 後半31分、静岡・梅村(右から3人目)が決勝ゴールを決める=草薙陸上競技場

静岡ユース(6) 1(0―0 1―0)0 U―18ウルグアイ代表(0)
▽得点者【静】梅村(中野)

 【評】足元の技術で勝る静岡が終盤に決勝点を奪った。
 ウルグアイの体格差を生かした力強い攻めに手を焼き、セットプレーなどから決定機をつくられた。しかし、守備陣が体を張って死守し、巧みな足技と連係プレーで対抗。細かいパスワークで徐々に主導権を握った。
 相手の体力が落ちた後半残り9分、梅村が中央から右隅に蹴り込んで先制。終盤のピンチにも集中力を切らさずに耐え、逃げ切った。

2013年08月17日 08時40分 @S[アットエス] by 静岡新聞

〔第2日〕日本、4ゴール連勝

U―18日本代表―U―18ロシア代表 前半19分、日本・金子(左)が2点目のシュートを決める=草薙陸上競技場

U―18日本代表(6) 4(2―0 2―0)0 U―18ロシア代表(0)
▽得点者【日】金子2(PK、なし)越智(尾身)北川(田村)

 【評】日本がロシアに地力の差を見せつけた。4得点のゴールラッシュで連覇に王手をかけた。
 日本は序盤からボールを支配し、優位に試合を進めた。前半15分、PKで先制点を決めた金子。4分後には中央からドリブルを仕掛けて2点目を蹴り込んだ。
 相手の体力と集中力が切れた後半はさらに技術とスピードで圧倒。4分に尾身の左クロスを越智が合わせて追加点を奪うと、18分に北川がダメ押しした。

2013年08月16日 08時05分 @S[アットエス] by 静岡新聞

第1日(15日)

静岡ユース―U―18ロシア代表 観客が見守る中、ロシアゴールへと攻め込む梅村選手(10)ら静岡イレブン=15日午後、藤枝市の藤枝総合運動公園サッカー場

 2013SBS杯国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)は15日、藤枝市の藤枝総合運動公園サッカー場で開幕した。U―18(18歳以下)日本代表はU―18ウルグアイ代表に2―0で完勝し、静岡ユースはU―18ロシア代表を3―2で下した。

2013年08月16日 08時03分 @S[アットエス] by 静岡新聞

〔第1日〕日本、ウルグアイに快勝

U―18日本代表―U―18ウルグアイ代表 前半26分、1点目を頭で決める日本の金子(15)=藤枝総合運動公園サッカー場

U―18日本代表(3) 2(2―0 0―0)0 U―18ウルグアイ代表(0)
▽得点者【日】金子(広瀬)関根(金子)

 【評】日本が金子の1得点1アシストの活躍で開幕戦を飾った。前半26分に右クロスを頭で合わせ、29分に関根にラストパスを送って2点目を演出した。
 後半は途中出場の宮市を中心に、8本のシュートを放ったが、追加点を奪えなかった。
 無得点のウルグアイだが、前半から迫力ある攻撃を仕掛け、22分、CKからブスチアッソのヘディングがバーを叩き、またGKとの1対1になる場面が2度あったが、決めきれなかった。

2013年08月16日 07時59分 @S[アットエス] by 静岡新聞

〔第1日〕静岡3発、ロシアを破る

静岡ユース―U―18ロシア代表 試合終了直前、静岡・土居(13)が3点目のシュートを決める=藤枝総合運動公園サッカー場

静岡ユース(3) 3(1―0 2―2)2 U−18ロシア代表(0)
▽得点者【静】中野、梅村(手塚)土居(渥美)【ロ】エルマコフ、ダヴィードフ(PK)

 【評】持ち味を発揮した静岡が粘るロシアを振り切った。
 静岡は序盤からボールを支配し、相手DFの背後を次々と突いた。前半19分、左サイドでボールを受けた中野が中央に切れ込んで先制弾を放った。同点に追いつかれた後半36分には梅村が手塚の右クロスを合わせてリードすると、40分に土居のゴールで突き放した。
 後半はロシアに押し込まれる時間もあったが、主将の鈴木を中心に守備陣が踏ん張った。

2013年08月15日 08時38分 @S[アットエス] by 静岡新聞

栄冠へ4チーム闘志 15日開幕、健闘誓う

試合での健闘を誓い合う(左から)静岡ユース・鈴木、日本代表・松本、ロシア代表・レベンコ、ウルグアイ代表・ファブリツオの各主将=静岡市駿河区登呂の静岡新聞放送会館

 15日に開幕する2013SBS杯国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)のウエルカムランチが14日、静岡市駿河区登呂の静岡 新聞放送会館で行われた。出場する日本、ロシア、ウルグアイの各U―18(18歳以下)代表と静岡ユースの選手や監督らが抱負を語り、大会に向けて士気を高めた。
 大会名誉会長の松井純静岡新聞社・静岡放送会長は「ベストを尽くして良い試合を見せてほしい」と熱戦への期待を述べた。

2013年08月14日 09時44分 @S[アットエス] by 静岡新聞

”W杯戦士”静岡で熱戦 15日開幕

 2013SBS杯国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)は15日開幕し、18歳以下(U−18)の日本、ロシア、ウルグアイ代表と、18歳以下の県内選手で選抜された静岡ユースが対戦する。15年にニュージーランドで開かれるU−20ワールドカップ(W杯)出場を目指す世代が、互いに戦力を確認する場としても注目される。日本の2年連続、あるいは、海外勢の4年ぶりの優勝となるか。それとも、静岡が地の利を生かし、2年ぶり6度目の王座奪還を果たすか。

2013年08月14日 09時41分 @S[アットエス] by 静岡新聞

〔2013出場チーム〕U―18日本代表

 2015年に開かれるU−20W杯での躍進を大きな目標にしている。J1磐田や日体大を率いた鈴木政一監督を迎え、13年3月に始動した。キャンプや、7月の中国遠征などを経て本格稼働し、今回のSBS杯が初めての大会出場。

2013年08月14日 09時41分 @S[アットエス] by 静岡新聞

初日に臨時無料バス

 大会初日の15日はJR藤枝駅南口−藤枝総合運動公園サッカー場の間で臨時無料バスが運行する。往路は午後3時と5時10分に藤枝駅南口バス乗り場発。復路は午後6時10分と8時半に藤枝総合運動公園発。各便とも定員は45人。

2013年08月14日 09時40分 @S[アットエス] by 静岡新聞

〔2013出場チーム〕静岡ユース

 2010年12月の合宿で始動した。翌年の山口国体少年男子(16歳以下)で千葉との両県優勝を飾り、7年ぶりに王座を奪還。当時の顔触れを軸に、メンバーを入れ替えながら活動してきた。最終目標のSBS杯「優勝」を成し遂げ、有終の美を飾りたい。
 主将のDF鈴木(清水ユース)は高い統率力の持ち主。守備の要として献身的なプレーでチームを引っ張る。攻撃のキーマンは高い技術を誇るMF梅村(磐田ユース)。同じチームに所属するFW中野とのコンビで、どれだけゴールを決めるかが勝負の行方を握りそうだ。

2013年08月14日 09時30分 @S[アットエス] by 静岡新聞

〔2013出場チーム〕U―18ウルグアイ代表

 W杯南アフリカ大会で4強入りし、古豪復活を印象づけたウルグアイ。ブラジル、アルゼンチンというサッカーの“2大王国”に挟まれた人口330万人の小国の粘り強いサッカースタイルは、南米でもひと味違った個性を発揮している。
 18歳以下を年代の境とする国内代表は組織化されていないため、今回は17歳の年代が主体。U−15の時代から一緒にトレーニングを積むメンバーたちは、今回のSBS杯をUAEでのW杯(U−17)に向けた絶好の腕試しの場と捉える。

2013年08月14日 09時28分 @S[アットエス] by 静岡新聞

〔2013出場チーム〕U―18ロシア代表

 2015年のU−20W杯での決勝進出を狙い、09年12月に編成し、経験を積み重ねてきた。直近の大会ではスロバキア、ベルギー、ノルウェー、ロシアの4カ国が出場した国際スロバキア杯で優勝し、地力を証明している。
 主将のDFレベンコ、堅守のGKバシュティンが守りの軸。ディフェンスから攻撃への素早い動きを重視したサッカーが身上。

2013年08月07日 08時53分 @S[アットエス] by 静岡新聞

U−18日本代表候補22人決まる

 日本サッカー協会は6日、15日に開幕するSBSカップ国際ユース大会(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)に臨む男子のU−18(18歳以下)日本代表の候補に、宮市亮(アーセナル)の弟でJ1湘南入りが決まった宮市剛(愛知・中京大中京高)やハーフナー・マイク(フィテッセ)の弟のハーフナー・ニッキ(名古屋)ら22人を選んだと発表した。

2013年07月31日 08時24分 @S[アットエス] by 静岡新聞

静岡ユース18人決定

 8月15日に開幕する2013SBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)に出場するU―18(18歳以下)県選抜「静岡ユース」の18人が30日までに決まった。監督は気賀高の廿日岩亮氏、主将は清水ユースの鈴木準弥が務め、日本、ロシア、ウルグアイのU―18代表と対戦する。

2013年07月20日 08時34分 @S[アットエス] by 静岡新聞

袋井市長を訪問、PR 県協会専務理事ら

原田市長(左)に大会をPRする竹山専務理事(中央)ら=袋井市役所

 8月15日に開幕するSBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催)を前に、県サッカー協会の竹山勝自専務理事と静岡新聞社・静岡放送の秋山勇雄常務が19日、開催市の一つ、袋井市役所の原田英之市長を表敬訪問した。
 前身の日韓親善大会から数えて37回目を迎える今大会は日本、ウルグアイ、ロシアの各代表と静岡ユースの4チームが総当たり戦を行う。竹山専務理事は「将来の主力となる世代。実力があり、面白くなる」と胸を張った。

2013年07月17日 08時15分 @S[アットエス] by 静岡新聞

静岡、藤枝両市役所訪ね大会をPR

田辺信宏市長(左)に大会をPRする竹山勝自専務理事(中央)ら=静岡市役所静岡庁舎

 静岡、藤枝、袋井の3市で開く「SBSカップ国際ユースサッカー」(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催)を前に、県サッカー協会の竹山勝自専務理事と静岡新聞社・静岡放送の秋山勇雄常務が16日、静岡市役所静岡庁舎と藤枝市役所に田辺信宏静岡市長と北村正平藤枝市長を訪ね、大会をPRした。

2013年07月14日 08時40分 @S[アットエス] by 静岡新聞

ストライカー「嗅覚持て」 名波さんらサッカーで熱弁

理想のストライカーを語る(左から)安永さん、武田さん、名波さん=袋井市のエコパスタジアム

 2013SBSカップ国際ユースサッカー(8月、袋井市のエコパスタジアムなど)の関連トークショー「待ってろ!世界!!」(静岡新聞社・静岡放送、エコパハウス主催)が13日、同スタジアムで開かれた。ゲストの元日本代表武田修宏さんと名波浩さん、元清水エスパルスの安永聡太郎さんが「ニッポン・未来のストライカー」をテーマに激論を交わした。

2013年06月20日 09時37分 @S[アットエス] by 静岡新聞

ストライカー像語る 武田氏ら、7月トークイベント

 2013SBSカップ国際ユースサッカー(8月、袋井市のエコパスタジアムなど)の関連トークショー「待ってろ、世界」(静岡新聞社・静岡放送、エコパハウス主催)が7月13日午後1時から、同スタジアムで開かれる。

2013年05月30日 08時25分 @S[アットエス] by 静岡新聞

初日は日本―ウルグアイ、静岡ユース―ロシア

 日本、ロシア、ウルグアイのU―18(18歳以下)の代表と静岡ユースが参戦して8月に行われる2013SBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)の対戦カードと開始時間が決まった。

2013年04月17日 08時50分 @S[アットエス] by 静岡新聞

SBS杯ユースサッカー ウルグアイ、ロシアが参戦

 SBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催)は16日、U―18(18歳以下)のウルグアイ代表とロシア代表を招待することが決まった。U―18日本代表と静岡ユースを加えた4チームが8月15日から、1回戦総当たりのリーグ戦で覇を競う。
 初日は藤枝総合運動公園サッカー場、16日は草薙陸上競技場が会場。17日の休養日を挟み、最終日の18日はエコパスタジアムで行う。前売り券販売の詳細や対戦カードは今後決定する。

年別トピックス

大会記録アーカイブ