2012年大会トピックス一覧

2012年08月20日 08時38分 @S[アットエス] by 静岡新聞

SBS杯国際ユースサッカー最終日(19日)

 第36回SBS杯国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)は19日、エコパスタジアムで最終戦を行った。U―19(19歳以下)日本代表がPK戦でU―19韓国代表を下し、3連勝。勝ち点8とし、2年ぶりの栄冠に輝いた。静岡ユースはU―19ポルトガル代表に3点を奪われ、3連敗に終わった。勝ち点6のポルトガルが2位。

2012年08月20日 08時37分 @S[アットエス] by 静岡新聞

【最終日】日本苦しんで頂点

U―19日本代表―U―19韓国代表 前半、ヘディングでゴールを狙う日本の矢島(6)=エコパスタジアム

U―19日本代表(8) 0(0―0 0―0)0 U―19韓国代表(4)
(PK4―3)

 【評】日本は最後まで韓国の堅守を攻略できず、PK戦で辛勝した。
 韓国DFが2枚目の警告で退場した前半19分以降、一方的にボールを支配。しかし攻撃に工夫が乏しく、10人でゴール前を固める相手を崩しきれない。後半6分、久保のボレーはポストに嫌われ、31分の波状攻撃も体を投げ出した相手DF陣がブロック。好機を生かせなかった。
 PK戦は韓国の3人目を止めたGKポープの活躍が光った。

2012年08月20日 08時37分 @S[アットエス] by 静岡新聞

【最終日】静岡ポルトガルに完敗

静岡ユースーU−19ポルトガル代表 後半、加賀美がボレーシュートを放つ=エコパスタジアム

U―19ポルトガル代表(6) 3(0―0 3―0)0 静岡ユース(0)
▽得点者【ポ】ピナ(シルヴァ)アルヴェス(なし)メネーゼス(アルヴェス)

 【評】静岡は個の力の差を埋めきれず、3失点で完敗した。
 力と速さで劣り、中盤で競り負けて押し込まれる展開が続いた。前半はゴール前で踏ん張ったが、加賀美が2度のカウンターの好機を生かしきれず、無得点で折り返した。
 後半3分、ダイナミックな展開から先取点を奪われた。攻撃的な選手を相次いで投入したが、得点には至らず。32分に中央を崩され失点し、終了間際にもCKからダメ押し点を決められた。

2012年08月20日 08時37分 @S[アットエス] by 静岡新聞

【最終日】西部の児童44人がエスコートキッズ 袋井・エコパ

選手と手をつないでピッチに入る児童=袋井市愛野のエコパスタジアム

 県西部の小学3〜6年生を対象にした会員組織「静新チャレンジクラブ」の児童44人が19日、袋井市愛野のエコパスタジアムで開かれたSBS杯国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)でエスコートキッズを務めた。

2012年08月19日 20時15分 @S[アットエス] by 静岡新聞

【速報】SBS杯国際ユースサッカー(19日)

◇SBS杯国際ユースサッカー(19日、エコパスタジアム) 
▽最終日 
U―19日本代表 0(0―0 0―0 PK4-3)0 U―19韓国代表
 ※U―19日本代表の2年ぶり優勝が決まった。
U-19ポルトガル代表 3(0―0 3―0)0 静岡ユース

※大会公式HPはこちら
http://www.at-s.com/youth_soccer/index.html

2012年08月19日 08時22分 @S[アットエス] by 静岡新聞

日本、全勝V狙う 19日、韓国と最終戦

 第36回SBS杯国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)最終日は19日、エコパスタジアムで2試合を行う。3戦全勝を狙うU―19日本代表はU―19韓国代表と激突。勝ち星のない静岡ユースはU―19ポルトガル代表と顔を合わせる。

2012年08月18日 09時19分 @S[アットエス] by 静岡新聞

SBS杯国際ユースサッカー第2日(17日)

 第36回SBS杯国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)は17日、県営草薙陸上競技場で第2戦を行った。U―19(19歳以下)日本代表はFW久保裕也(J2京都)の4得点などで静岡ユースに7―2と大勝した。

2012年08月18日 09時14分 @S[アットエス] by 静岡新聞

【第2日】日本7発 静岡に大勝

U―19日本代表―静岡ユース 後半9分、この試合4点目のゴールを決めるU―19日本代表の久保(右から2人目)=県営草薙陸上競技場

U―19日本代表(6)7(4―2 3―0)2 静岡ユース(0)
▽得点者【日】久保4(佐藤)(矢島)(松原)(なし)松原(なし)野津田(なし)矢島(なし)【静】加賀美2(PK)(宮村)
 【評】日本が7点を奪い、静岡に大勝した。
 開始直後に2点を許した日本だが、10、28、37分と久保が前半だけでハットトリックを決めて逆転した。後半も攻撃の手をゆるめず、7分に野津田が加点。9分はドリブルで切れ込んだ久保が得点した。
 静岡は加賀美の2得点で先手を取ったが、以降は防戦一方。終了間際にセットプレーから宮村、渡辺吉がシュートを放ったが、ゴールを割れなかった。

2012年08月18日 09時10分 @S[アットエス] by 静岡新聞

【第2日】静岡、開始直後2点先取

U―19日本代表―静岡ユース 前半1分、PKを決め先制し喜ぶ静岡ユースの加賀美(左)=県営草薙陸上競技場

 U―19日本代表に力の差を見せつけられたが、静岡ユースも立ち上がりは地元の観客席を沸かせた。
 開始わずか20秒。宮村の縦パスに抜け出した加賀美が相手GKに倒された。PKを獲得し、加賀美が自ら決めた。7分には中盤でボール奪取した渡辺隼が運び、宮村、加賀美と鮮やかな速攻でゴールネットを揺らした。

2012年08月18日 09時04分 @S[アットエス] by 静岡新聞

【第2日】ポルトガル競り勝つ

U―19韓国代表―U―19ポルトガル代表 終了間際、決勝点を決め喜ぶU―19ポルトガル代表のアレイアス(18)=県営草薙陸上競技場

U―19ポルトガル代表(3) 1(0―0 1―0)0 U―19韓国代表(3)
▽得点者【ポ】アレイアス(なし)
 【評】ポルトガルが終了間際に1点をもぎ取った。
 ロングスローがゴール前で混戦となり、途中出場のアレイアスが押し込んだ。
 韓国は前半の好機を生かせず、後半は相手のスピードのあるサイド攻撃に守勢に回った。

2012年08月17日 08時40分 @S[アットエス] by 静岡新聞

SBS杯国際ユースサッカー第1日(16日)

 第36回SBS杯国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)は16日、藤枝総合運動公園サッカー場で開幕した。来年のU―20W杯を目指す日本、韓国、ポルトガルのU―19(19歳以下)代表と18歳以下で編成した静岡ユースがリーグ戦で争う。

2012年08月17日 08時30分 @S[アットエス] by 静岡新聞

【第1日】日本、ポルトガルに快勝

U―19日本代表―U―19ポルトガル代表 後半20分、松本昌也選手(左から3人目)が同点に追いつくゴールを決める=16日、藤枝総合運動公園サッカー場

U―19日本代表(3) 3(0―1 3―0)1 U―19ポルトガル代表(0)
▽得点者【日】松本(久保)矢島(久保)久保(渡)【ポ】ローザ(シルヴァ)

 【評】日本は後半の連続得点で逆転勝ち。久保が全3得点に絡んだ。
 中盤で熊谷がボールを散らし、前線で久保が起点になった。前半はポルトガルの個人技を生かしたサイド攻撃に苦しみ、38分に失点した。
 後半20分、2列目から走り込んだ松本のボレーで追い付いた。3分後に途中出場の矢島が右足で勝ち越しゴール。さらに6分後、GKと1対1になった久保が冷静に流し込んでダメ押しした。

2012年08月17日 08時26分 @S[アットエス] by 静岡新聞

【第1日】静岡、韓国に完敗

静岡ユース―Uー19韓国代表 前半、韓国代表DFと激しく競り合う佐野(11)=藤枝総合運動公園サッカー場

U―19韓国代表(3) 2(1―0 1―0)0 静岡ユース(0)
 ▽得点者【韓】ユ・スンウ(イ・グァンフン)イ・フミン(なし)

 【評】静岡は寄せの激しい韓国に攻守で圧倒された。
 立ち上がりに右サイドを崩され再三ピンチを招いた。14分、ナ・ソンスの突破を起点にユ・スンウに先制点を奪われた。静岡は前半終了間際に加賀美が相手GK越しにチーム初シュートを放ったが枠を外れた。
 後半は中盤でパスをつなぎ主導権を握りかけたが、韓国の最終ラインを突破できなかった。31分、ゴール前の混戦からイ・フミンに追加点を許した。

2012年08月16日 20時21分 @S[アットエス] by 静岡新聞

【速報】SBS杯国際ユースサッカー(16日) 

◇SBS杯国際ユースサッカー(16日、藤枝総合運動公園サッカー場)
▽第1日
U-19韓国代表 2(1―0 1―0)0 静岡ユース
▽得点者【韓】ユ・スンウ、イ・フミン

U-19日本代表 3(0―1 3―0)1 U-19ポルトガル代表
▽得点者【日】松本、矢島、久保【ポ】ローザ

※大会公式HPはこちら

2012年08月16日 08時05分 @S[アットエス] by 静岡新聞

若き精鋭、健闘誓う 4チーム、16日から熱戦

健闘を誓い合う(右から)静岡ユース・望月、日本代表・遠藤、韓国代表・パク、ポルトガル代表・テイシェイラの各主将=静岡市駿河区登呂の静岡新聞放送会館

 16日に開幕する第36回SBS杯国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)のウエルカムランチが15日、静岡市駿河区の静岡新聞放送会館で行われた。出場する日本、ポルトガル、韓国の各U―19(19歳以下)代表とU−18で編成の静岡ユースの選手、監督、関係者が一堂に会して、健闘を誓い合った。

2012年08月15日 08時50分 @S[アットエス] by 静岡新聞

韓国代表、静岡空港に到着 監督「日韓戦、気合入る」

静岡空港に到着したサッカーU―19韓国代表チーム=14日午前、静岡空港

 16日開幕の第36回SBS杯国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)に出場するU―19(19歳以下)の韓国代表チームが14日、静岡空港に到着した。

2012年08月12日 08時45分 @S[アットエス] by 静岡新聞

未来のW杯戦士集結 16日開幕

 第36回SBS杯国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)は16日開幕し、韓国、ポルトガル、日本のU―19(19歳以下)代表と静岡ユースが、1回戦総当たりのリーグ戦で熱戦を繰り広げる。来年のU―20ワールドカップ(W杯)が目標の各国代表に、18歳以下編成の静岡ユースが挑む。

2012年08月12日 08時45分 @S[アットエス] by 静岡新聞

【U―19日本代表】U―20W杯狙い前哨戦

 3大会ぶりのU―20W杯出場を目指し、2011年2月に始動。本年度はUAEや南アフリカ遠征、U―22アジアカップ予選などをこなした。
 攻撃は久保(京都)、中盤は熊谷(横浜M)、守備は主将の遠藤(湘南)が軸。90分間を通じて主導権を握り、攻守にアグレッシブな戦いを目指す。

2012年08月12日 08時45分 @S[アットエス] by 静岡新聞

【静岡ユース】昨年に続く快進撃期待

 2010年の千葉国体県選抜(U―16)メンバーが中心で、U―18大会だった昨年の優勝に続く快進撃が期待される。
 J1清水とJ1磐田のユースから最多の4人ずつが選ばれた。高校最多は全国総体8強の静岡学園の4人で、県総体準優勝の清水商と4強の藤枝東から各2人、プリンスリーグ東海1位の浜松開誠館と清水東から各1人。

2012年08月12日 08時45分 @S[アットエス] by 静岡新聞

【U−19ポルトガル代表】攻撃力抜群、逸材ぞろい

 U―19ポルトガル代表 U―19欧州選手権は予選で6試合29得点の驚異的な数字を記録した。4強入りはならなかったが、優勝したスペインと3―3で引き分けるなど、U―20W杯の出場権は既に獲得している。
 攻撃の要は欧州選手権で予選8得点、本大会2得点のFWコエーリョ(愛称ベッチーニョ)。両サイドのエシュガイオとバングナ(同ブルーマ)も注目だ。

2012年08月12日 08時45分 @S[アットエス] by 静岡新聞

【U−19韓国代表】プロ4選手が主軸担う

 2006年大会制覇以来、6年ぶりの参戦。U―19アジア選手権予選をグループ1位で通過した。今年11月の本大会では日本最大のライバルになる。
 メンバーの大半は大学1年生。今年3回、それぞれ2週間の国内合宿を実施。11日にも強化試合を行うなど、来日直前まで最終メンバーを絞り込む。

2012年08月10日 08時14分 @S[アットエス] by 静岡新聞

SBS杯国際ユースサッカー 藤枝市長に大会PR

国際ユースサッカーの開催をPRする小長谷常務理事(左)ら=藤枝市役所

 SBS杯国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催)の開幕を前に、県サッカー協会の小長谷洋常務理事と静岡新聞社・静岡放送の秋山勇雄常務らが9日、藤枝市役所に北村正平市長を訪ね、大会をPRした。小長谷常務理事は「サッカーのまちとして16日の開幕を盛り上げてほしい」と話し、観戦の呼び掛けなどの協力を依頼。秋山常務は36回目を数える大会の開催計画や各国のチームの状況などを説明した。

2012年08月07日 08時14分 @S[アットエス] by 静岡新聞

U―19日本代表決まる J1清水からGK櫛引

 SBS杯国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)に出場するU―19(19歳以下)日本代表18人が6日、日本サッカー協会から発表された。大会は日本、韓国、ポルトガルのU―19代表と静岡ユースが出場し、16、17、19日にエコパスタジアムなどで行う。
 GK櫛引(清水)らJ1トップチームの7人をはじめ、J2トップチームの6人で大半を占め、Jリーグユースから3人、高校とアカデミー福島から1人ずつが選ばれた。

2012年08月04日 10時36分 @S[アットエス] by 静岡新聞

テーマソングは「OneMoreTime」 4人組バンド「ButbyFall」

サッカーはこれまで観戦中心だったが、フットサルにも挑戦中という「But by Fall」のメンバー=静岡市駿河区の静岡 新聞放送会館

 16日に開幕するSBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催)のテーマソングが、4人組バンド「ButbyFall」の「OneMoreTime」に決まった。疾走感あふれる旋律にまっすぐな歌詞を乗せ、選手の活躍を後押しする。

2012年07月20日 07時45分 @S[アットエス] by 静岡新聞

静岡ユース18人決定 主将はDF望月(静学高)

 8月16日に開幕するSBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)に出場する静岡県選抜「静岡ユース」(原則18歳以下)の18人が19日、発表された。監督は磐田北高の川口敬則氏、主将は静岡学園高のDF望月大知が務め、U―19(19歳以下)の日本代表、韓国代表、ポルトガル代表と対戦する。

2012年07月19日 08時45分 @S[アットエス] by 静岡新聞

8月の大会開催をPR 主催者が袋井市長を訪問

大会をPRする小長谷常務理事(右)ら=袋井市役所

 県内で8月に開かれる「2012SBSカップ国際ユースサッカー」(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催)に向け、県サッカー協会の小長谷洋常務理事と静岡新聞社・静岡放送の秋山勇雄常務らが18日、開催地の一つ、袋井市役所を訪れ、原田英之市長に大会をPRした。
 小長谷常務理事は第36回を数える今大会の見どころを紹介。過去には現在の日本代表で活躍する香川、内田、長谷部らが出場したことに触れ、「今回にもそうした人材がいるはず」と熱っぽく語った。

2012年07月16日 08時34分 @S[アットエス] by 静岡新聞

「現日本代表は史上最高」 沢登さん、名波さんらエコパでトーク

トークを展開する(右から)沢登さん、土田さん、名波さん=袋井市のエコパスタジアム

 2012SBSカップ国際ユースサッカーの開催記念トークショー「待ってろ!世界!!~日韓の興奮から10年!日本サッカーについて考えよう!!~」(静岡新聞社・静岡放送、エコパハウス主催)が15日、袋井市のエコパスタジアムで行われた。
 サッカー元日本代表の沢登正朗さんと名波浩さん、タレント土田晃之さんがゲストに招かれ、トークを展開。3人は海外組が大幅に増えた日韓W杯以降の日本サッカーを高く評価し、名波さんは現在の代表チームについて「攻守一体型でベンチワークも申し分ない。史上最高だ」と太鼓判を押した。

2012年06月29日 08時45分 @S[アットエス] by 静岡新聞

日本サッカーの進化語る 7月15日、エコパスタジアム

 2012SBSカップ国際ユースサッカー(8月、袋井市のエコパスタジアムなど)の関連トークショー「待ってろ、世界」(静岡新聞社・静岡放送、エコパハウス主催)が7月15日午後1時半から、同スタジアムで開かれる。
 「日韓の興奮から10年。日本サッカーについて考えよう」と題して、元サッカー日本代表で解説者の沢登正朗さんと名波浩さん、サッカー好きで知られるタレントの土田晃之さんを招く。

2012年05月16日 08時50分 @S[アットエス] by 静岡新聞

対戦カード決定 6月15日から前売り

 日本、韓国、ポルトガルのU―19(19歳以下)代表と静岡ユースを8月に招く第36回SBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)の対戦カードと開始時間が15日、決まった。前売り入場券は6月15日から販売する。

2012年04月18日 08時49分 @S[アットエス] by 静岡新聞

韓国、ポルトガルU―19代表参戦 8月16日から

 8月開催のSBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)の海外招待国が17日までに決まった。36回目となる今回はU―19(19歳以下)の韓国代表とポルトガル代表を招き、U―19日本代表とU―18の静岡ユースを加えた4チームが8月16日からリーグ戦で覇を競う。

年別トピックス

大会記録アーカイブ