毎週土曜夕方5時放送 SBSテレビ「SBSみなスポ」では、『未来へシュート~SBSカップへの道~』が7月1日(土)からスタートしました。 ユース世代の県内有力選手をピックアップし、2017SBSカップ国際ユースサッカーを盛り上げます。

#5 静岡ユース選考会2017年8月5日放送

第5回は静岡ユース選考会の様子を紹介します。県内クラブチームやJFAアカデミー福島、県総体の覇者・静岡学園など多くの高校からも有力選手が集められました。
30分×2本の紅白戦が行われ、選手たちはそれぞれ自分の持ち味を発揮し、必死にアピールしていました。海外の選手相手に自分の力がどこまで通用するのか、SBSカップは彼らにとって大きなチャンスです。

#4 清水桜が丘高校2017年7月29日放送

第4回は清水桜が丘高校・白井海斗(しらいかいと)選手を紹介します。
1年のときからレギュラーとして活躍、今では主将としてチームを引っ張ります。周りを生かすプレーと、自らも仕掛けることのできる積極性が特徴です。
小さな頃からとにかくサッカーが好きだった白井選手、プロサッカー選手を目指し、SBSカップでも活躍を誓います。

#3 静岡学園高校2017年7月22日放送

第3回は静岡学園の主将・渡井理己(わたいまさき)選手を紹介します。2月の新人戦に続き県総体でも優勝した静岡学園。
MF渡井選手は去年のSBSカップにも出場し、今大会も大きな注目を集めます。
特筆すべきは「テクニック」。観客を魅了するプレーで勝利を呼び込みます。

#2 清水エスパルスユース2017年7月8日放送

第2回は清水エスパルスユースの平墳迅(ひらつかじん)選手、主将の滝裕太(たきゆうた)選手を紹介します。
高校年代最高峰のプレミアリーグEASTに参戦し、しのぎを削る清水エスパルスユース。両選手とも今季2種登録され、ルヴァン杯でトップチームデビューを果たしています。
平墳選手は去年のSBSカップにも出場、強烈なミドルシュートを決めました。 今年のさらなる活躍に期待です。

#1 ジュビロ磐田U-182017年7月1日放送

第1回はジュビロ磐田U-18の伊藤洋輝(いとうひろき)選手を紹介しました。
188センチ79キロの大型ボランチはプロ契約も完了、将来の日本代表候補として期待されています。
5月に開催されたU-20W杯の、代表の最終合宿にもトレーニングパートナーとして参加。SBSカップでは日本の誇りを胸に戦います。