大会結果

2012年大会は、U-19日本代表が優勝しました!

U19
日本
U19
ポルトガル
U19
韓国
静岡
ユース
得失点勝ち点
U19
日本
3-10-0
(4-3)
7-278
U19
ポルトガル
1-31-03-026
U19
韓国
0-0
(3-4)
0-12-014
静岡
ユース
2-70-30-2-100

勝ち点=勝-3・PK勝-2・PK負-1・負-0

大会に足を運んでいただき応援してくださいました皆様、出場選手・役員の皆様、スタッフ・設営の皆様、ご協力頂きました関係者の皆様、そしてこのサイトを訪れてくださった皆様、 誠にありがとうございました。

試合日程・結果

2012年8月16日(木) 藤枝総合運動公園サッカー場

第1試合(16:00 K.O.)

静岡ユース

U-18 Shizuoka Selection Team

静岡ユース SBSカップ国際ユースサッカー2012
0-2

0 前半 1

0 後半 1

U-19韓国代表

U-19 KOREA National Team

U-19韓国代表 SBSカップ国際ユースサッカー2012

【14分】ユ・スンウ (U-19韓国代表)

【71分】イ・フミン (U-19韓国代表)

第2試合(18:20 K.O.)

U-19日本代表

U-19 JAPAN National Team

U-19日本代表 SBSカップ国際ユースサッカー2012
3-1

0 前半 1

3 後半 0

U-19ポルトガル代表

U-19 PORTUGAL National Team

U-19ポルトガル代表 SBSカップ国際ユースサッカー2012

【38分】 フランシスコ・ローザ(キコ)(U-19ポルトガル代表)

【60分】 松本 昌也 (U-19日本代表)

【63分】 矢島 慎也 (U-19日本代表)

【69分】 久保 裕也 (U-19日本代表)

2012年8月16日(木) 藤枝総合運動公園サッカー場

第1試合(16:00 K.O.)

静岡ユース
0-2

0 前半 1

0 後半 1

U-19韓国代表

【14分】ユ・スンウ (U-19韓国代表)

【71分】イ・フミン (U-19韓国代表)

第2試合(18:20 K.O.)

U-19日本代表
3-1

0 前半 1

3 後半 0

U-19ポルトガル代表

【38分】 フランシスコ・ローザ(キコ)(U-19ポルトガル代表)

【60分】 松本 昌也 (U-19日本代表)

【63分】 矢島 慎也 (U-19日本代表)

【69分】 久保 裕也 (U-19日本代表)

2012年8月17日(金) 草薙陸上競技場

第1試合(16:00 K.O.)

U-19日本代表

U-19 JAPAN National Team

U-19日本代表 SBSカップ国際ユースサッカー2012
7-2

4 前半 2

3 後半 0

静岡ユース

U-18 Shizuoka Selection Team

静岡ユース SBSカップ国際ユースサッカー2012

【1分】加賀美 翔(静岡ユース)

【7分】加賀美 翔(静岡ユース)

【10分】久保 裕也(U-19日本代表)

【18分】松原 健 (U-19日本代表)

【28分】久保 裕也 (U-19日本代表)

【37分】久保 裕也 (U-19日本代表)

【47分】野津田 岳人 (U-19日本代表)

【49分】久保 裕也 (U-19日本代表)

【80+2分】矢島 慎也 (U-19日本代表)

第2試合(18:20 K.O.)

U-19韓国代表

U-19 KOREA National Team

U-19韓国代表 SBSカップ国際ユースサッカー2012
0-1

0 前半 0

0 後半 1

U-19ポルトガル代表

U-19 PORTUGAL National Team

U-19ポルトガル代表 SBSカップ国際ユースサッカー2012

【80+1分】ルイ・アレイアス (U-19ポルトガル代表)

2012年8月17日(金) 草薙陸上競技場

第1試合(16:00 K.O.)

U-19日本代表
7-2

4 前半 2

3 後半 0

静岡ユース

【1分】加賀美 翔(静岡ユース)

【7分】加賀美 翔(静岡ユース)

【10分】久保 裕也(U-19日本代表)

【18分】松原 健 (U-19日本代表)

【28分】久保 裕也 (U-19日本代表)

【37分】久保 裕也 (U-19日本代表)

【47分】野津田 岳人 (U-19日本代表)

【49分】久保 裕也 (U-19日本代表)

【80+2分】矢島 慎也 (U-19日本代表)

第2試合(18:20 K.O.)

U-19韓国代表
0-1

0 前半 0

0 後半 1

U-19ポルトガル代表

【80+1分】ルイ・アレイアス (U-19ポルトガル代表)

2012年8月19日(日) エコパスタジアム

第1試合(15:00 K.O.)

U-19日本代表

U-19 JAPAN National Team

U-19日本代表 SBSカップ国際ユースサッカー2012
0-0

0 前半 0

0 後半 0

4 PK 3

U-19韓国代表

U-19 KOREA National Team

U-19韓国代表 SBSカップ国際ユースサッカー2012

第2試合(17:20 K.O.)

静岡ユース

U-18 Shizuoka Selection Team

静岡ユース SBSカップ国際ユースサッカー2012
0-3

0 前半 0

0 後半 3

U-19ポルトガル代表

U-19 PORTUGAL National Team

U-19ポルトガル代表 SBSカップ国際ユースサッカー2012

【43分】アルベルト・ピナ(アラジェ)(U-19ポルトガル代表)

【72分】リカルド・アルヴェス (U-19ポルトガル代表)

【80+3分】アンジェロ・メネーゼス (U-19ポルトガル代表)

2012年8月19日(日) エコパスタジアム

第1試合(15:00 K.O.)

U-19日本代表
0-0

0 前半 0

0 後半 0

4 PK 3

U-19韓国代表

第2試合(17:20 K.O.)

静岡ユース
0-3

0 前半 0

0 後半 3

U-19ポルトガル代表

【43分】アルベルト・ピナ(アラジェ)(U-19ポルトガル代表)

【72分】リカルド・アルヴェス (U-19ポルトガル代表)

【80+3分】アンジェロ・メネーゼス (U-19ポルトガル代表)

出場チーム

 2006年大会制覇以来、6年ぶりの参戦。U―19アジア選手権予選をグループ1位で通過した。今年11月の本大会では日本最大のライバルになる。

 メンバーの大半は大学1年生。今年3回、それぞれ2週間の国内合宿を実施。11日にも強化試合を行うなど、来日直前まで最終メンバーを絞り込む。

 学生中心の布陣にあって、プロ4選手が軸となる。FWキム・ジョンヒョン(大分)の正確なシュート、FWナ・ソンス(横浜FC)のスピードと突破力、FWキム・ジミン(釜山)のドリブルと精度の高いパス。中盤にはイ・グァンフン(浦項)を配する。

 経験豊富なFW3人の攻撃力で、前回に続く優勝を狙う。静岡空港開港後、初の韓国チーム出場。来日と離日は同空港を利用する。

(2012年8月12日付 静岡新聞朝刊より)

 U―19ポルトガル代表 U―19欧州選手権は予選で6試合29得点の驚異的な数字を記録した。4強入りはならなかったが、優勝したスペインと3―3で引き分けるなど、U―20W杯の出場権は既に獲得している。

 攻撃の要は欧州選手権で予選8得点、本大会2得点のFWコエーリョ(愛称ベッチーニョ)。両サイドのエシュガイオとバングナ(同ブルーマ)も注目だ。

 2人ともC・ロナウドやナニといった優れたサイドアタッカーを輩出し、育成に定評があるスポルティング・リスボンの下部組織出身。17歳のブルーマは多くの欧州ビッグクラブが関心を寄せる逸材。

 中盤でチームを統率するのは主将マリオ。今夏バルセロナB入りが決まったボランチのアゴスティーニョ・カや、FWディアス(同カフー)、MFト・ゼら、将来のA代表を担う選手が揃った。

(2012年8月12日付 静岡新聞朝刊より)

 3大会ぶりのU―20W杯出場を目指し、2011年2月に始動。本年度はUAEや南アフリカ遠征、U―22アジアカップ予選などをこなした。

 攻撃は久保(京都)、中盤は熊谷(横浜M)、守備は主将の遠藤(湘南)が軸。90分間を通じて主導権を握り、攻守にアグレッシブな戦いを目指す。

 日本は2008年、10年とU―19アジア選手権の準々決勝で韓国に敗れた。今大会は11月にUAEで開かれるアジア選手権の前哨戦であり、U―20W杯出場を決めているポルトガル戦は仮想本大会でもある。

 GK櫛引(清水)DFの遠藤(湘南)松原(大分)川口(新潟)岩波(神戸)植田(熊本・大津高)MFの熊谷、橋本(FC東京)とFW久保は、U―18で臨んだ昨年に続く出場。静岡ユースに最終戦で屈し、勝ち点差1で逆転Vを許した昨年の雪辱戦ともなる。

(2012年8月12日付 静岡新聞朝刊より)

 2010年の千葉国体県選抜(U―16)メンバーが中心で、U―18大会だった昨年の優勝に続く快進撃が期待される。

 J1清水とJ1磐田のユースから最多の4人ずつが選ばれた。高校最多は全国総体8強の静岡学園の4人で、県総体準優勝の清水商と4強の藤枝東から各2人、プリンスリーグ東海1位の浜松開誠館と清水東から各1人。

 主将はDF望月(静岡学園)が任された。全国総体3試合で2得点と攻撃力もある。静岡学園で主将を務めるMF渡辺隼とともに統率力を発揮したい。

 基本の布陣は4―5―1。渡辺吉、白井の藤枝東コンビを守備的MFに配置し、渡辺隼が前線へのスルーパスを意識する。加賀美(清水ユース)、佐野(清水商)らのFW陣の決定力が期待される。

(2012年8月12日付 静岡新聞朝刊より)

2012年08月20日 08時38分 @S[アットエス] by 静岡新聞

SBS杯国際ユースサッカー最終日(19日)

 第36回SBS杯国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催、エコパハウス共催)は19日、エコパスタジアムで最終戦を行った。U―19(19歳以下)日本代表がPK戦でU―19韓国代表を下し、3連勝。勝ち点8とし、2年ぶりの栄冠に輝いた。静岡ユースはU―19ポルトガル代表に3点を奪われ、3連敗に終わった。勝ち点6のポルトガルが2位。

バックナンバー

2012年08月20日 08時37分 @S[アットエス] by 静岡新聞
【最終日】日本苦しんで頂点
2012年08月20日 08時37分 @S[アットエス] by 静岡新聞
【最終日】静岡ポルトガルに完敗
2012年08月20日 08時37分 @S[アットエス] by 静岡新聞
【最終日】西部の児童44人がエスコートキッズ 袋井・エコパ
2012年08月19日 20時15分 @S[アットエス] by 静岡新聞
【速報】SBS杯国際ユースサッカー(19日)
2012年08月19日 08時22分 @S[アットエス] by 静岡新聞
日本、全勝V狙う 19日、韓国と最終戦