TeamBuddy

防災食レシピ

03簡単スープパスタ

災害時にもなるべく日常食べている食事をとりたいものですよね。
火を使って調理しなくても、比較的どの家庭にもありそうなパスタと乾燥スープをお湯の中に入れ放置するだけで、普段食べているようなスープパスタができるとは発見でした!

■ 材料(1人分)

  • パスタ(1.4mm) ・・・ 100g
  • 乾燥スープ   ・・・ 1個
  • お湯      ・・・ 900cc程度
簡単スープパスタできあがり

■ 調理器具

  • ポリ袋 ・・・ 1枚

※このレシピは家庭にありそうな食材やレトルト食品をお湯だけで料理しようと考えてみました。ゆでる作業を省くことができます。

作り方調理時間 約45分

  • 01パスタとお湯をジッパー付き保存袋に入れる
    パスタとお湯をジッパー付き保存袋に入れる
    できるだけ大きな保存袋がbetter。袋から出てしまう時はパスタを折ってしまいましょう。お湯はウォーターサーバーの熱湯(約85度)を、直接保存袋の中に入れました。袋の口はぴっちり閉めて!
  • 02約40分たったらパスタの硬さをチェック。お好みの硬さになったら器に入れる
    パスタの硬さをチェック乾燥スープ
    今回は1.4mmのパスタを使用しましたが、30分ではまだ固すぎでした。30分を過ぎたらこまめに硬さを確認するとよいでしょう。
  • 03器に乾燥スープとお湯(適量)を入れ、かき混ぜてできあがり!
    簡単スープパスタできあがり
    スープは濃いめのほうがパスタと一緒に食べるにはちょうどよいです。

感想

ウォーターサーバーのお湯に乾燥パスタを入れ数十分放置するだけで調理できるとTeamBuddy事務局メンバーも半信半疑でしたが、スープパスタが出来上がりました!

応用編

トマトのポタージュ、野菜スープ、チゲスープと3つのスープの素で試してみたところ、事務局メンバー一押しは野菜スープの素でした。特に野菜がごろごろ入っているものなら食べごたえがありますよ!パスタは早ゆでタイプが調理時間が短縮できます。ただ、細すぎるパスタだと麺がしんなりしすぎて美味しさが半減します。

応用編