TeamBuddy

10代が調べた静岡の防災

TeamBuddyの呼びかけに集まってくれたのは静岡市内の4つの高校の1年生から3年生までの9人。
「防災を自分で考える力をつけよう」と、災害時の男女の役割、被災者支援の在り方、地域防災活動と街づくり、
若者目線での防災について、組織や団体のリーダーとして活動する4人にインタビュー。
また、街中にある防災標識や、ネットなどを活用した災害リスクチェックなど、これまで気にしていなかった防災情報についてリサーチ。
命を守る情報はどこにあるのかを探りました。

CHAPTER1

高校生防災意識アンケート

調査対象:県中部地区を中心とした
高校生男女90人が回答

避難場所の認知高く、約半数が水・食料の備蓄あり

大災害発生時の被害の予想については、死んでしまう(36%)、家を失う(37%)が多数を占め、東日本大震災、熊本地震などリアルタイムで体験している災害のイメージが回答のベースとなっていると思われました。(けがをする20%、特に心配をしていない7%)

自宅周辺の避難場所を知っているか、に対しては86%が知っていると回答。学校が指定されている場合も多く認知度は高くなっています。保護者の役割である水・食料の備蓄についても49%がしていると回答し、家族内で備えについての会話がされていることがうかがえます。

地域の防災訓練には81%が「参加」、もしくは「ときどき参加」と回答しました。防災訓練は地域の大人との交流の機会。訓練内容を若者向けにするなど、さらなる参加率アップの取り組みが期待されます。

被災生活全般に貢献姿勢を持ち、災害を自分事として捉える

災害時に高校生に期待されている活動については、がれき撤去の力仕事などが大半を占めました。そのほか、高齢者のサポートや、避難所でのボランティアなど被災生活全般に貢献しようとする姿勢が見られます。

災害時の心配については、「体の不自由な祖父の避難方法」、「避難所での衛生面」、「食物アレルギー対策」など具体的な回答もあり、災害を自分事として捉え課題を想定する力があることが分かりました。

《 高校生防災意識アンケート 》

Q1.東海地震や南海トラフ地震が起きたら、あなたや、家族にどのような被害が出ると思いますか?1つ選んでください。

  • A.死んでしまう
  • B.けがをする
  • C.家を失い住む場所がなくなる
  • D.特に心配はしていない

Q2.災害に備え、家に非常食や飲料水を用意していますか?

  • A.している
  • B.していない
  • C.分からない

Q3.災害時の避難場所には学校や公園などが指定されています。自宅周辺の避難場所を知っていますか?

  • A.知っている
  • B.知らない

Q4.高校生になってから地域の防災訓練に参加していますか?

  • A.必ず参加している
  • B.時々参加している
  • C.まったく参加していない

Q5.災害について心配な事柄を教えて下さい(例:病院、食料、連絡手段、避難所生活など)

Q6.災害発生時に地域社会からどのような活動を期待されていると思いますか?

  • Q1.東海地震や南海トラフ地震が起きたら
  • Q4.高校生の地域の防災訓練参加
Q5.Q6.体の不自由な祖父の避難方法
災害は心配だけど、何をしていいか分からない友達が多かった。
家族で防災について話したり、防災訓練に参加していろいろ聞いてみたりするのが備えの第一歩になりそう。
CHAPTER2

身近な防災標識

防災標識は命を守る情報だけど、普段は意識してみたことがない。ちょっと足を止めてじっくり眺めてみました。

身近な防災標識 身近な防災標識
CHAPTER3

TeamBuddyアプリ
シミュレーション体験

TeamBuddyアプリ

TeamBuddyプロジェクトが「使える防災サービス」として提供している
「TeamBuddy防災訓練シミュレーションアプリ」。
スマートフォンが普及している環境で生まれ育った
〝スマホネイティブ〞の高校生がさまざまな場面で使ってみました。

  • 自宅

    自宅周辺の最大震度は6強だった。家具や冷蔵庫を見てみたら固定ができてなかった。ついでに家の防災グッズを確認したら、非常食はあったけど水がなかった。準備しなきゃ!!

  • 地震で電車が止まったら駅の近くの避難場所に行くことになる。大勢の人で混乱するだろうな。普段から知っておかないと。アプリだと複数の候補が出てくるから選べて便利だと思った。

  • 住み慣れない場所

    自宅地域から離れた場所で実際に避難場所まで歩いてみた。慣れない道だから到着まで時間が掛かった。逃げ遅れないためには、災害発生時はすぐに行動することだと実感した。

スマホは便利だから家族にも使い方を教えよう。でも災害時に使えるか分からないから、普段から調べる習慣を持つことが大切。
CHAPTER4

NPOあざれあ交流会議
代表理事:
大國田鶴子さん
副理事:大塚真知子さん

取材担当:清水西高
望月恵利名さん(17)、遠藤海さん(16)

大國さん 大塚さん
災害時の男女の役割について教えてください。
東日本大震災や熊本地震での避難所運営を通して、従来の男性主体の防災体制では対応が難しいことが分かってきました。プライバシーの保護や施設のアクセシビリティ―、防犯、衛生管理など、避難所生活のストレスを減らすためには女性や障害のある人の意見・要望が欠かせないからです。
高校生に気が付いてほしいのは「参加」と「参画」の違いです。参加は決められた仕組みに沿うこと。参画は仕組みを決める段階から加わることです。男性は力仕事、女性は炊事や清掃といった固定概念に従うのではなく、自分の能力や個性に合った役割を進んで見つけて避難所運営に貢献することが大切です。
男女が共同して参画する防災の実現に向け、高校生ができることはありますか。
静岡県が発案した避難所運営ゲーム(HUG)に先ごろ女性の視点で考えた避難所での想定課題を組み込みました。
「DV被害で夫から逃げている女性が名簿への名前の記載を拒んでいる」など男性運営者だけでは対応が難しい想定ばかりです。高校生はこうした現状をよく知り、避難所の運営に積極的に参画して、意見を出してほしいですね。性別ではなく個人を尊重して、互いの足りない部分を補いながら災害を乗り切る気持ちを持ってください。
防災は「できる人ができることをやる」がルール。大人に従うだけでなく、誰もが快適に過ごせる避難所運営のために若い意見もどんどん出そう!
CHAPTER5

静岡市森下学区自治会連合
会長:
中村直保さん(74)
副会長:宮脇章博さん(74)

取材担当:静岡商業高
青木美耶子さん(18)、岸綾乃さん(17)

中村さん 宮脇さん
災害時の自治会の対応を教えて下さい。
森下学区各自治会は、総務、情報、救護、清掃など7つの班に分かれて対応します。どの班も大切ですが、中でも情報班は各自治会内のあらゆる情報をまとめる必要があります。住民や避難者の資格、特技などを確認し、名簿を作るのも情報班の仕事の一つです。住民が主体的に避難所を運営できるようにするためです。
防災訓練で工夫している点を教えて下さい。
週末に家や学校の行事が多い社会人や学生・生徒にこそ参加してほしいので、防災訓練の回数を増やしています。また、災害時避難所の森下小は救護所にもなるので、効率的な救命活動のために、市民がけがの程度を判断する市民トリアージにも取り組んでいます。医療関係者がいない間、市民がけがの程度を判断することについては勇気と知識が必要になりますが多くの命を救うためには、大切なことです。
都市化が進む森下学区はマンションが多く、誰が住んでいるのか把握しづらいので、住民に自治会への参加を呼び掛けています。昼間の時間帯など高齢者が一人で家にいる時に発災したらどうやって避難するのでしょうか。普段から顔見知りになっておけば災害時に誰かの協力が得られるはずです。
若い人たちも、地域の一員として顔見知りになって下さい。保護者が不在の時も周りが助けることができるだけでなく、補助が必要な人の避難の手伝いなどに若い人の力が欠かせないからです。まずは近所の人たちとのあいさつから始めましょう。
近所の人と顔見知りになるってすごく大切なことなんだ。町内ごとに役割が分担されていると、自分が何をするべきなのか分かりやすいね!
CHAPTER6

清水災害ボランティアネットワーク
代表
大石学さん(66)

取材担当:
静岡商業高 保久上萌絵さん(17)、
静岡女子高 奥村希妃さん(15)

高校生ができる災害ボランティアを教えて下さい。
高齢者や障害のある人たちは災害時に特に支援が必要になります。しかし、災害が起きてからの支援では遅すぎます。普段から支援が必要な人がどこに住んでいるのか、どう避難するか、どのような支援が必要なのかを周りが知っておく必要があります。高校生の皆さんは行動範囲が自宅周辺なので、日ごろから地域の人たちと交流して情報を集め、いざという時には積極的に避難の手助けなどをしてください。
災害後は誰もが大きなストレスを抱えます。特に高齢者や、身寄りのない人たちは孤独になりがちです。こうした人たちのケアも重要です。私たちの活動も心のケアが中心です。足湯サービスを提供して沈んだ心をほぐしたり、一緒に歌を歌ったりすることで心にたまった不安や疲れを取り除くことができるので、こうした活動にも参加してください。
ボランティア活動で苦労した点を教えて下さい。
活動を苦労だと思ったことはありません。規模は小さくても、何回も現地に足を運び、その人の悩みを聞き出して解決の手助けをする-。これを繰り返すことが求められる支援の姿だと思います。困っている友達を支えることと同じ。その友達は、自分が困ったときにはきっと助けてくれます。高校生だったら、同年代の若者と気軽に話すだけでも必要な支援のヒントを見つけることができます。被災者支援は「仲間づくり」から始まります。
「一緒に逃げましょう!」と声を掛けられるように、自分の周りにどんな人が住んでいるかを知っていこうと思った。訓練や行事への参加が第一歩!
CHAPTER7

静岡大学学生防災ネットワーク
代表:
河村拓斗さん(19)
副代表:勝谷勇介さん(19)
渉外:上田啓瑚さん(19)
会計:櫻木哲朗さん(20)

取材担当:駿河総合高
瀬尾彩乃さん(18)、池ヶ谷勇さん(18)、
栗田侑輝さん(18)

活動を通じて学んだことを教えて下さい。
さまざまな団体との交流を通じて実践的な防災ノウハウを得ることができています。ただし、防災に関するイベント会場に若者の数が少なすぎです。高齢者の方から「若いのに感心だね」と言われることが多いのですが、それではいけないと思っています。
メンバーは他県からの学生が多いのですが、静岡県は備えている人とそうでない人の差が大きいように感じます。防災に関する講座やイベントが多く、学ぶ機会は豊富ですが同年代の防災意識の低さが気になります。
被災地では、デマにより被災者が混乱してしまった事例もあります。現地では正確な情報が生死を分けることがあります。高校生にはSNSなどで流れる災害情報を、確認せずに拡散しないように気を付けてほしいと思います。「自分が被害を受けたら周りにどうしてほしいか」と考えて行動しましょう。
活動の課題は何ですか。
活動の知名度を上げることです。活動当初は自分たちでだけでも、大きな防災イベントが開けるのではと思っていましたが、小さなイベントでも人が集まらないのが現実です。ボランティア活動や被災地支援のための募金活動も、実施場所を使う許可が下りづらいなど、目指す活動をするためにはたくさんのハードルがあることを痛感しています。小さな実績を積み重ねて知名度を上げ、社会から応援と協力を得られるような活動に広げたいと思っています。
義務の訓練じゃなくて友達と行きたくなるような防災イベントを大学生と一緒につくれたら楽しそう。若者が取り組む防災を大人はもっと応援してほしい!