TeamBuddy
つたえる
 「TeamBuddy(チームバディー)」は、静岡新聞SBSが行政や企業、団体と連携し、いつも身近にいて県民一人ひとりをサポートする相棒のような存在になりたい、という思いを込めたプロジェクトチームです。防災について「知る、学ぶ、備える、守る、つなげる、シェアする、つたえる」活動に取り組んでいます。
 今回のテーマは「つたえる」です。静岡市清水区で福島県相馬郡新地町の被災者支援を続けている清水災害ボランティアネットワーク代表、大石学さんに復興支援の在り方について聞きました。
OurBuddy#14

しずおか防災人復興支援は細くても長く

清水災害ボランティアネットワーク 大石 学 代表 1952年生まれ。静岡市清水区在住の会社員。
2000年の東海豪雨をきっかけにボランティア活動を開始。ボランティア受け入れを担う組織として同ネットワークを発足。平時は、被災支援活動や防災・減災の啓蒙・啓発活動を行い、災害時はネットワークメンバーが静岡市社会福祉協議会と協働でセンターを立ち上げる。

復興支援は細くても長く

17年前の東海豪雨※で被災した友人を助けたのがボランティアに関わるきっかけでした。

現地のボランティアセンターは、全国から約千人が集まっていました。「清水で災害が起きたら、誰がどこにセンターを立ち上げ、ボランティアを受け入れるのか」という疑問から聞いて回ったところ「誰」も「どこ」も決まっていない―。大きな危機感に突き動かされ、活動を始めました。

初めは現場での経験を積むことに専念しました。全国各地の被災地で汗をかき、さまざまな団体のやり方を勉強しましたが、力仕事に感謝されて満足という活動が多い中、足湯や茶会を提供している団体に、支援の本質を学びました。

がれきは撤去できますが、災害で壊れた心を癒やすのには長い時間が必要です。避難所から仮設、そして復興住宅と生活の場が変わるたびに、一から人間関係をつくり直す必要がありますが、大変な心労です。入れ替わり訪れるボランティア団体への対応も、時には負担になります。

足湯は「傾聴」の時間です。また、被災地では地域のきずなも傷ついているので、被災者同士の交流の場づくりとして茶会があります。

子ども向けの会を開いた際、スタッフが1人の子どもに「今度はいつ来てくれるの。また津波が来れば会えるの」と言われ、私たちは言葉を失いました。

それ以降、心掛けているのは「細くても長い支援」です。復興の各段階で生じる苦悩や葛藤を当事者と一緒に味わって、一緒に悩むことが真の支援だと信じています。

いつかは、私たちが被災者になる日がきます。復興支援は、その時に駆けつけてくれる仲間づくりでもあるのです。

※東海豪雨:2000年9月に名古屋市など中京地区で起きた水害

大石 学 代表
清水災害ボランティアネットワーク 大石学 代表

INFORMATION

☆TeamBuddyブース出展☆
あざれあメッセ2017
1028
10:00~17:00
会場
静岡県男女共同参画センター
あざれあ4階第1研修室
(静岡市駿河区馬淵1-17-1)
イベント会場で、BuddyBoxの
特別受付を実施します!

イベントの詳細はこちら

食の備蓄 定期宅配サービス BuddyBox(バディーボックス) 好評発売中!

【 上記イベントで実物展示・対面受付 実施 】

災害の備えは大丈夫? 半年に一度3日分の安心をお届け。

食の備蓄 定期宅配サービス

いざというときのために、日常で使う食材や非常用の食料品を買い置きし、普段の食事で食べた分を買い足していくというのがローリングストック。「食べたら買い足す」を繰り返すので、賞味期限切れが起こりにくいのが特徴です。そのローリングストックの考え方を生かした「食の備蓄」が、BuddyBox。1人3日分の備蓄食を半年に一度自宅まで届けるという、静岡新聞SBSとマックスバリュ東海の新たなサービスです。

バディーボックス・ポイント"

BuddyBoxの詳細・ご購入

バディーボックス

※商品パッケージや内容は変更になる場合があります