TeamBuddy
みんなで考える地震予測
~限界と活用法~
ご来場ありがとうございました
 静岡新聞社・静岡放送主催の「大震法シンポジウム」(県共催)が13日、静岡市葵区の県地震防災センターで開かれました。静岡新聞長期連載「沈黙の駿河湾~東海地震説40年」の一環で、静岡県の東海地震対策の礎を築いた大規模地震対策特別措置法(大震法)の在り方などを考えました。会場は200人余の一般聴講者で満席となりました。お越しいただきました皆さま、誠にありがとうございました  

シンポジウム会場

詳報が5月20日付朝刊に掲載されました。
「沈黙の駿河湾」ホームページでは、パネルディスカッションの様子を一部動画でご覧になれます。
 
静岡新聞「沈黙の駿河湾」ホームページ

  • 日時
    平成29年 513日(土)
       12:30 開場 13:00 開演 16:40 終了
  • 会場
    静岡県地震防災センター
      (静岡市葵区駒形通5-9-1)
  • 対象
    どなたでも受講できます。
  • 受講料
    無料
  • 定員
    180名(抽選)
  • 主催
    静岡新聞社・静岡放送
  • 共催
    静岡県
  • 内容
    基調講演

    講演テーマ「不確実な地震発生予測をどのように防災に生かすか」

    パネルディスカッション

    テーマ「みんなで考える地震予測~限界と活用法~」

    ※そのほか、静岡新聞過去紙面の展示、TeamBuddyの防災アプリ体験コーナー、防災食の紹介なども行う予定です。

INFORMATION

 「TeamBuddy(チームバディー)」は、静岡新聞SBSが行政や企業、団体と連携し、いつも身近にいて県民一人ひとりをサポートする相棒のような存在になりたい、という思いを込めたプロジェクトチームです。防災について「知る、学ぶ、備える、守る、つなげる、シェアする、つたえる」活動に取り組んでいます。

<静岡新聞社・静岡放送 TeamBuddyプロジェクト>