TeamBuddy
知る
 「TeamBuddy(チームバディー)」は、静岡新聞SBSが行政や企業、団体と連携し、いつも身近にいて県民一人ひとりをサポートする相棒のような存在になりたい、という思いを込めたプロジェクトチームです。防災について「知る、学ぶ、備える、守る、つなげる、シェアする、つたえる」活動に取り組んでいます。
 5月13日、静岡県の東海地震対策の礎を築いた大規模地震対策特別措置法(大震法)の見直し議論などについて考える「大震法シンポジウム」を静岡市で開きます。「みんなで考える地震予測~限界と活用法~」と題したパネルディスカッションに登壇する牛山素行氏に予測情報、減災施策の在り方について伺いました。
OurBuddy#10

しずおか防災人「判断」支える防災情報整備を

静岡大防災総合センター教授 牛山素行氏

「判断」支える防災情報整備を

専門は災害情報学。主に風水害を対象に防災関連情報の在り方や、情報を受ける側の住民の認識や行動などについて現地調査を重ねる。

「自然災害時に対しては自分自身の判断で対応を取ることが大原則」というのが持論。ただ、「そのためには多様な防災情報整備は積極的に行われなければならない」と訴える。

内閣府の「避難勧告等の判断・伝達マニュアル作成ガイドラインに関する検討会」や県の「津波災害警戒区域指定検討委員会」の委員も務めた。大震法見直し議論で国が提示する「脆弱性」は土砂災害警戒区域や津波災害警戒区域にも通じる。 「不確実な地震発生予測をなぜ出すのかという批判よりも、国が異常を知りながら何も情報を出さなかった時の批判の方が大きいだろう」と強調する。

静岡大防災総合センター教授 牛山素行氏

INFORMATION

大震災シンポジウム

「みんなで考える地震予測」~限界と活用法~

 静岡新聞取材班が長期連載中の「沈黙の駿河湾~東海地震説40年」で、検証を続けている大規模地震対策特別措置法(大震法)。各分野の専門家を登壇者として招き、南海トラフ地震を見据えた大震法見直しへの現状や地震予測の課題を深く掘り下げます。静岡新聞SBSの防災・減災プロジェクト「TeamBuddy(チームバディー)」が取り組む事業もご紹介します。


日時:2017年5月13日(土) 12:30開場 13:00開演 16:40終了(予定)
場所:静岡県地震防災センター(静岡市葵区駒形通5丁目9-1)
主催/静岡新聞・静岡放送 共催/静岡県


詳細はこちら