五輪 全国ニュース

川内Vで五輪選考会出場権 防府読売マラソン(2017/12/17 16:58)
防府読売マラソンは17日、山口県の防府市陸上競技場発着で行われ、8月の世界選手権代表の川内優輝(埼玉県庁)が2時間10分3秒で3年ぶり3度目の優勝を果たした。3日の福岡国際マラソンで2時間10分53秒をマークした川内は、対象となる2レースの…
JSC、新国立建設「予定通り」 2月から屋根工事(2017/12/15 18:48)
2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアム、新国立競技場の建設工事の進捗状況について、事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)の望月禎理事は15日、「予定通りきていることをうれしく思う」と述べた。36カ月を見込む工期の約3分の…
東京五輪、CO2排出ゼロに 組織委方針、詳細これから(2017/12/15 17:39)
2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は15日、会場建設や大会運営に伴う二酸化炭素(CO2)排出の「実質ゼロ」を目指す方針を決めた。再生可能エネルギーの利用などで、できるだけ排出を減らし、残った分は企業や自治体が過去に削減した分を活用…
スポーツ関連に340億円 過去最高、18年度予算案(2017/12/14 20:25)
政府が今月閣議決定する2018年度予算案で、スポーツ関連は過去最高の340億円を計上することが14日、分かった。17年度当初から6億円の増額となる。20年東京五輪・パラリンピックまで3年を切り、さらなるスポーツ施策の充実を図る。20年大会な…
若者参加の象徴的大会に、IOC 反ドーピング態勢に高評価(2017/12/14 17:42)
2020年東京五輪の準備状況を監督する国際オリンピック委員会(IOC)のジョン・コーツ調整委員長(67)=オーストラリア=がインタビューに応じ、新種目のバスケットボール3人制やスケートボードなど「都市型スポーツ」が集まる臨海部の会場計画に「…
陸上の桐生、日本生命と所属契約 五輪へ「0秒01でも速く」(2017/12/13 17:46)
陸上男子100メートルで9月に日本人初の9秒台となる9秒98をマークした桐生祥秀(東洋大)が13日、東京都内で記者会見し、日本生命と来年4月1日からの所属契約を結んだと発表した。社員にはならず支援を受ける内容で、桐生は「たくさんの人たちに夢…
IOC、東京五輪経費削減は可能 閉会までには目標達成との見解(2017/12/13 11:18)
2020年東京五輪の準備状況を確認する国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会のコーツ委員長が13日、東京都内でインタビューに応じ、予備費を除いて1兆3850億円と見込む東京大会の開催経費から10億ドル(約1140億円)を削減する目標につ…
組織委、立ち見席でコスト削減へ 都市型スポーツ集中の臨海地区(2017/12/12 22:32)
2020年東京五輪の準備状況を監督する国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会と大会組織委員会の合同会議が12日、東京都内で行われ、バスケットボール3人制などの会場が集まる臨海地区の整備計画について、組織委から立ち見席を設けてコスト削減を…
東京五輪の競泳決勝は夕方に 日本水連、JOCに要望書提出へ(2017/12/12 20:43)
日本水連は12日、東京都内で常務理事会を開き、2020年東京五輪の競泳決勝を夕方に実施することを求める要望書を日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長に提出することを決議した。夏季五輪の競泳決勝は午後から夜にかけての実施が通例だが、日…
「五輪中は時差出勤」3割 東京の企業、協力に前向き(2017/12/12 17:39)
2020年東京五輪・パラリンピック期間中の交通混雑緩和に協力するため、競技会場周辺などの企業の27・2%が時差出勤導入に、16・4%が自宅などで仕事をするテレワークの導入に前向きであることが12日、東京商工会議所が公表した輸送円滑化に関する…

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト