>平昌パラリンピック特集はこちら >平昌五輪特集はこちら
東京五輪装飾デザイン、伝統色で 藍、紅、桜などが基本カラー(2018/8/17 19:24)
2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は17日、競技会場や街中の装飾、ボランティアのユニホームなどに使うデザインのベースを発表し、日本の伝統色である藍、紅、桜、藤、松葉が基本カラーに決まった。古来より十二単などで用いられる「かさねの色…
2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が発表したデザインのベースで作られた、競技会場や街中の装飾などに使うデザイン例(Tokyo2020提供)
北欧デンマークの首都コペンハーゲンで、人魚姫の像を眺めて夏の一日を楽しむ観光客=2017年8月(共同)
2020年東京五輪自転車男子ロードレースのコース(大会組織委提供)
富士スピードウェイ=小山町(PhotobyTokyo2020/ShugoTAKEI)
正式な協定書を交わす鈴木康友浜松市長(中央右)とミザエル・コンハードBPC会長(中央左)=現地時間26日午前、ブラジル・サンパウロ(浜松市提供)
20日午前の練習でジャンプの着氷が乱れる宇野昌磨=ミラノ(共同)
トークショーを終え写真に納まる平昌冬季パラリンピックのメダリストたち。(右から)村岡桃佳選手、新田佳浩選手、成田緑夢選手、森井大輝選手=20日午後、東京都港区
ユニフォームを手に福島忍選手の奮闘をねぎらう輝美代さん=16日午後7時ごろ、藤枝市
ユニフォームを手に福島忍選手の奮闘をねぎらう輝美代さん=16日午後7時ごろ、藤枝市
すぎやま・りゅういち清水袖師中時代にサッカーを始めた。19歳で日本代表入り。明大卒。現役引退後はヤマハ発動機(現J1ジュビロ磐田)監督も務めた。静岡市清水区出身。藤枝市在住。72歳。

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト