プロ野球

広8―6巨(22日) 広島、6点差逆転勝ち(2018/7/22 21:36)
広島が5本塁打で3連勝した。0―6の四回にバティスタのソロ、五回に田中と丸の2ラン、鈴木のソロで5点を挙げ同点。七回に丸の20号2ランで勝ち越した。永川が2年ぶりの勝利。巨人は3連敗で自力優勝の可能性が消えた。
ヤ5―4中(22日) ヤクルトが3連勝(2018/7/22 21:32)
ヤクルトが3連勝。4―4の八回、山田哲が3戦連発となる決勝の22号ソロ本塁打を左越えに放った。五回から4投手が無失点でつなぎ、流れを引き寄せた。石山は14セーブ。中日はモヤの2本塁打も実らず、八回は又吉が打たれた。
西6―3楽(22日) 西武が逆転勝ち(2018/7/22 21:06)
西武が逆転勝ちして首位を守った。2―3の八回に秋山の適時三塁打で追い付き、源田の適時打と外崎の2点三塁打で3点を勝ち越した。八回に登板したヒースが1回無失点で3年ぶりの白星。楽天は松井が誤算で連勝が5で止まった。
D7―11神(22日) 阪神4発、メッセ10勝目(2018/7/22 21:04)
阪神が4本塁打で大勝。二回にナバーロが来日1号の勝ち越しソロを放ち、三回はロサリオが2ラン。五回は糸井も2戦連続の一発、七回は陽川が2ランで突き放した。メッセンジャーは7回2失点で10勝目。DeNAは今永が崩れた。
ロ7―3オ(22日) ロッテが3位浮上(2018/7/22 20:42)
ロッテが3連勝で3位に浮上した。2―2の七回に福浦の適時打と続く田村の2号3ランで4点を勝ち越した。涌井が八回途中3失点で2カ月ぶりとなる5勝目を挙げた。オリックスは3連敗で勝率が5割に戻り、4位タイに後退した。
日7―5ソ(22日) 日本ハムが3連勝(2018/7/22 17:34)
日本ハムが3連勝。同点にされた直後の八回に1死満塁から中島の二ゴロ、松本の中前打で2点を勝ち越した。3番手の井口がプロ初勝利を挙げ、3連投の石川直が9セーブ目。ソフトバンクは2度追い付いたが投手陣が粘れず4連敗。
プロ野球、美間と曽根をトレード 広島とソフトバンクが発表(2018/7/22 13:46)
広島の美間優槻内野手(24)とソフトバンクの曽根海成内野手(23)のトレードが22日、両球団から発表された。互いにリーグ優勝に向け、内野手の層を厚くしたい思惑が合致した。美間は徳島・鳴門渦潮高から2013年に広島にドラフト5位で入団。打力、…
広7―5巨(21日) 大瀬良が11勝目(2018/7/21 21:54)
広島は3―4の五回に西川の適時二塁打と会沢の2点適時打で3点を奪い逆転した。大瀬良は六回途中4失点で粘り自己最多の11勝目。救援陣が踏ん張り、九回をしのいだ中崎が22セーブ目。巨人は菅野が5回6失点と誤算だった。
西武の秋山、パ新の536試合 連続フルイニング出場(2018/7/21 21:50)
西武の秋山翔吾外野手が21日、メットライフドームで行われた楽天16回戦で536試合連続フルイニング出場としてパ・リーグ記録を更新した。プロ野球記録は阪神の金本監督が現役時代にマークした1492試合。秋山は2014年9月6日のソフトバンク戦か…
楽9―7西(21日) 田中が逆転満塁本塁打(2018/7/21 21:48)
楽天が乱打戦を制して今季初の5連勝を飾った。5―7と逆転された直後の八回1死満塁で田中が左越えに7号本塁打を放ち、試合をひっくり返した。2番手の松井が2勝目。西武は5本塁打などで3度リードしながら救援陣が崩れた。

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

明治安田J1

◇第17節 1回戦
G大阪 1 - 2 清 水 (終了)
札 幌 0 - 0 磐 田 (終了)
名古屋 0 - 0 広 島 (終了)
神 戸 0 - 3 湘 南 (終了)
鹿 島 6 - 2  柏  (終了)
F東京 5 - 2 横浜M (終了)
川 崎 1 - 0 長 崎 (終了)
C大阪 1 - 1 浦 和 (終了)
鳥 栖 0 - 1 仙 台 (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト