プロ野球

D4―2西(18日) DeNAが2位浮上(2018/6/18 21:24)
DeNAが競り勝ち2位に浮上した。宮崎が四回に先制2ランを放つと2―1の七回にも14号ソロを放った。飯塚は5回1失点で今季初勝利。六回以降は5投手の継投で逃げ切った。西武は五回までに4併殺と拙攻が響いた。
広2―6日(18日) 上原が今季初勝利(2018/6/18 21:19)
日本ハムの上原が丁寧な投球を見せ、5回1失点で今季初勝利を挙げた。一回に大田の2ランで先制し、三回に中田の犠飛、五回には上原自らがプロ初本塁打を放ち、追加点を奪った。広島は福井が5回4失点で粘れなかった。
19日の予告先発(2018/6/18 17:34)
◇交流戦ヤクルト・ブキャナン―ソフトバンク・武田(神宮)DeNA・バリオス―楽天・古川(横浜)阪神・メッセンジャー―ロッテ・石川(甲子園)
中日・松坂、先発投手でトップ ファン投票の最終中間発表(2018/6/18 15:59)
プロ野球のマイナビオールスターゲーム2018(第1戦=7月13日・京セラドーム大阪、第2戦=同14日・熊本)のファン投票中間発表の最終回が18日に行われ、セ・リーグの先発投手部門で、松坂(中日)が、2位の菅野(巨人)に10万760票差の29…
オ7―1D(17日) オリックスが快勝(2018/6/17 19:10)
オリックスが10安打で快勝。武田が二回に先制の2点二塁打を放ち、四回は犠飛。七回は若月の適時打など6長短打で4点を加えた。田嶋は6者連続を含む9三振を奪い、7回1失点で6勝目。DeNAは4安打と振るわなかった。
交流戦、ヤクルトが初の最高勝率 12勝5敗(2018/6/17 18:34)
プロ野球の日本生命セ・パ交流戦は17日、ヤクルトが日本ハムに5―1で勝ち、12勝5敗として初の最高勝率チームに決まった。オリックスが勝率で並ぶ可能性があるが、当該対戦でヤクルトが勝ち越しているため確定した。セ・リーグの球団としては2012年…
日1―5ヤ(17日) ヤクルト小川が3勝目(2018/6/17 17:59)
ヤクルトは1―1の六回に荒木の犠飛と坂口の適時打で2点を勝ち越し、八回に青木の2点二塁打で差を広げた。小川は6回を1失点で粘り3勝目。救援陣が無失点でつなぎ九回は石山が締めた。日本ハムは拙攻で連勝が4で止まった。
ロ2―1巨(17日) 平沢がサヨナラ打(2018/6/17 17:27)
ロッテが逆転サヨナラ勝ちで勝率を5割に戻した。0―1の九回無死満塁で代打三木の投ゴロの間に追い付き、1死二、三塁から平沢の右前適時打で勝負を決めた。南が2勝目。巨人はカミネロが誤算で、交流戦の負け越しが決まった。
楽8―0神(17日) 美馬が今季初勝利(2018/6/17 16:30)
美馬が今季初白星を挙げ、楽天が快勝した。丁寧な投球で7回を散発3安打に抑えて無失点。二回に銀次が先制2ランを放った打線は四回はアマダー、藤田が連続アーチ。五回には4点を加えた。阪神は才木が粘れず、打線は沈黙。
ソ4―13広(17日) 広島が連敗止める(2018/6/17 16:22)
広島が連敗を5で止めた。一回にバティスタの9号3ランなどで4点を先行し、六回に鈴木の9号2ランなど8長短打を集めて8点を加えた。九里は4失点ながら、プロ初完投で2勝目。ソフトバンクは投手陣が精彩を欠いた。

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト