静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

元大錦の山科親方が定年退職 「終わったな」、三賞独占も

(2018/9/13 16:53)
記者会見を終え、花束を手にする元小結大錦の山科親方=13日、両国国技館
記者会見を終え、花束を手にする元小結大錦の山科親方=13日、両国国技館

 11日に65歳となり、大相撲秋場所限りで日本相撲協会を定年退職する山科親方=元小結大錦、本名尾堀盛夫、新潟県出身、出羽海部屋=が13日、東京・両国国技館内で記者会見し「終わったなと、さっぱりしている」と50年以上に及ぶ相撲人生を笑顔で振り返った。
 山科親方は新入幕の73年秋場所で横綱琴桜を破って11勝。三賞独占を果たし、北の湖らと同じ53(昭和28)年生まれの若手として「花のニッパチ組」と呼ばれた。
 88年初場所限りで現役引退。2003年2月からは北の湖理事長(元横綱)ら協会トップの補佐役を約14年務めた。

相撲の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

天皇杯

◇決勝
浦 和 1 - 0 仙 台 (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト