静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

出場4チーム健闘誓う SBSカップ国際ユースサッカー

(2018/8/16 08:14)
健闘を誓い合う出場チームの主将。(左から)静岡ユースの清水、U―18パラグアイのドゥアルテ、U―18オーストラリアのピエリアス、U―18日本の宮代=静岡市駿河区登呂の静岡 新聞放送会館
健闘を誓い合う出場チームの主将。(左から)静岡ユースの清水、U―18パラグアイのドゥアルテ、U―18オーストラリアのピエリアス、U―18日本の宮代=静岡市駿河区登呂の静岡 新聞放送会館
会場 開始時刻・対戦
会場 開始時刻・対戦

 2018SBSカップ国際ユースサッカー(日本サッカー協会、県サッカー協会、静岡新聞社・静岡放送主催)は16日に開幕する。日本、オーストラリア、パラグアイの各U―18(18歳以下)代表と静岡ユースの出場4チームの監督や選手らが15日、静岡市駿河区登呂の静岡 新聞放送会館で開かれたウエルカムランチに出席し、健闘を誓い合った。
 大会会長の大石剛静岡新聞社・静岡放送社長は「将来への可能性を持った皆さんのプレーを目に焼き付けたい」と熱い戦いを期待した。
 選手たちも大会に向けて気合十分。オーストラリアのピエリアス主将は「他の国の代表と戦えることにワクワクしている」と試合を待ちわび、パラグアイのドゥアルテ主将は「ハードな戦いになると思うが、いい試合をしたい」と意気込んだ。
 日本の宮代大聖主将は「優勝はもちろん、個人としてもレベルアップしたい」と話し、静岡ユースの清水綾馬主将(静岡学園高)は「小さい頃から憧れていた大会。各国の代表とも対等に戦えるメンバーがいる。優勝を目指したい」と声に力を込めた。
 大会は4チームによる総当たり戦。16日は藤枝総合運動公園サッカー場、17日は愛鷹広域公園多目的競技場、最終日の19日は草薙総合運動場陸上競技場で行われる。入場券(3日間通し)は一般1600円、高校生800円、中学生500円、小学生300円。

SBSカップ国際ユースサッカーの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト