静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

元メキシコ代表選手が講習 エコパ、サッカー指導者対象に

(2017/10/12 08:22)
実技講習で練習方法などを解説するヘスス・ラミレス氏(左)=9日、袋井市のエコパ補助競技場
実技講習で練習方法などを解説するヘスス・ラミレス氏(左)=9日、袋井市のエコパ補助競技場

 静岡県サッカー協会は9日、袋井市のエコパ補助競技場で小中学生の県内サッカークラブ指導者を対象にした実技講習会を開いた。元メキシコ代表選手で2005年U―17(17歳以下)ワールドカップ(W杯)優勝監督のヘスス・ラミレス氏(60)を講師に招き、約120人が参加した。
 ラミレス氏はボールを使ってパス回しなどを指導し「体の動かし方や選手の位置取りなど一つ一つ考えたプレーを」と解説。実戦に生かすトレーニング方法も解説した。
 講習会はスルガカップ静岡国際ユースU―15(15歳以下)サッカー大会(県サッカー協会など主催、静岡新聞社・静岡放送後援、スルガ銀行特別協賛)の一環。1996年アトランタ五輪の日本対ブラジル戦で主審を務めたメキシコ出身のベニート・アルチュンディア氏(51)による審判講習会も行われた。

SBSカップ国際ユースサッカーの記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト