静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

<SBS杯サッカー第2日>静岡、接戦で日本撃破

(2017/8/12 08:19)
静岡ユース―U―18日本 後半、得点を狙いゴール前へ飛び込む静岡ユースの白井(左)=エコパスタジアム
静岡ユース―U―18日本 後半、得点を狙いゴール前へ飛び込む静岡ユースの白井(左)=エコパスタジアム

 ■日本、屈辱の完封負け
 日の丸を背負った自覚や責任感が足りなかった。前半27分、日本はボールを奪われて先制点を許し、静岡に不覚を取った。後半に反撃に出たが、ゴールは遠い。チリとの初戦に続き、試合の入り方に課題を残した。
 影山監督は「今日の相手はどこでもなく、自分たち自身だった。弱気になっていた」と敗れたこと以上に消極的なプレーが目立ったことを問題視した。試合後のミーティングで「ボールを奪われて悔しくないのか」と叱咤(しった)した。
 後半から出場した磐田ユースの伊藤は攻撃で存在感を示した。交代直後にスルーパスで決定機をつくり、14、33分にはミドルシュートも放った。「精度が低い。静岡の体を張った守備を崩せなかった」。先発した静岡学園高の渡井は「もっとボールを触ってさばきたかった」。県勢2人にとっても屈辱的な敗戦になった。
 連敗で優勝の可能性はなくなったが、U―19で出場した昨年に続く全敗は避けたい。FW加藤(山梨学院大付高)は「代表に来て、(流れが)悪いときでも誰かが鼓舞してくれるだろうと思っていた。チームでやってるように(積極的な)プレーする」とチェコ相手に一矢報いる覚悟を示した。

SBSカップ国際ユースサッカーの記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト