静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

ヤマハ発、東芝戦に闘志 ラグビートップリーグ再開へ

(2017/12/1 08:48)
首の負傷から復帰し、軽快な動きを見せるヤマハ発の三村(右から3人目)=ヤマハ大久保グラウンド
首の負傷から復帰し、軽快な動きを見せるヤマハ発の三村(右から3人目)=ヤマハ大久保グラウンド

 ラグビー・トップリーグは2日、国際試合期間約1カ月の休止から再開する。ヤマハ発動機は3日、東芝と対戦。約半年間の負傷離脱から復帰し、出場が濃厚な前主将のフランカー(FL)三村は「求められていることをやるだけ。しっかり体を張る」と意気込む。
 スーパーラグビーの日本チーム、サンウルブズで出場した4月のハイランダーズ(ニュージーランド)戦で首を負傷した。世界の強豪クラブとの戦いで感じたのは、体力強化の重要性。離脱期間はリハビリだけでなく、栄養面も見直した。「体が強くなってきた実感がある」と手応えをにじませる。
 11月の練習試合に出場し、首脳陣から高い評価を得た。「主将をやっていたこともあり、(視線外の選手を見渡す)周辺視ができる」と清宮監督。FLは今季、6年目の山路や副将の西内人らが活躍している。三村の復帰でポジション争いも激化しそうだ。

 ■仏遠征から合流 日野「勝ちきる」
 ヤマハ発から唯一、日本代表のフランス遠征(11月8~27日)に帯同したフッカーの日野が30日までにチームに合流した。
 トンガ戦、フランス戦の2試合は登録メンバーから外れた。悔しさを募らせたが、「一体感のあるチームの中で過ごせた」と収穫もあった。
 リーグ戦残り4試合に向けては「前半の流れを壊さずにしっかり勝ちきる。内容も上げていく」と語った。

ヤマハ発動機の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト