静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

ヤマハ発、昨季の雪辱へ闘志 ラグビーTL、2日にサントリー戦

(2017/9/2 08:30)
スクラムを組むヤマハ発動機の選手。サントリーへの雪辱に燃える=磐田市のヤマハ大久保グラウンド
スクラムを組むヤマハ発動機の選手。サントリーへの雪辱に燃える=磐田市のヤマハ大久保グラウンド

 ラグビー・トップリーグ(TL)のヤマハ発動機は2日、東京・秩父宮ラグビー場で昨季王者のサントリーと対戦する。昨季は12連勝同士の対決で敗れ、リーグ初制覇を逃した。雪辱の舞台に選手は闘志をみなぎらせる。
 昨季の対戦の前半、ヤマハ発はマイボールのスクラムでボールを奪われ、トライを許した。強みのセットプレーでまさかの失点。「ヤマハラグビーの歴史に残る悪いスクラム」。清宮監督は相手に主導権を与えたプレーを辛辣(しんらつ)に振り返る。FW第1列の山本は反省を踏まえ、「一発目から絶対に押すという気持ちが大切。勝負を決めるぐらいの勢いでいく」と力を込める。スクラムで優位に立つ“ヤマハスタイル”を貫けるかが勝負の鍵になりそうだ。
 大一番には日本代表で活躍したフランカーのヘルが今季初めてメンバー入りした。「ボールを持って前に進むことが自分の仕事」と、世界でも通用した突破力を見せ付ける。
 堅守のサントリーに対し、攻撃では少ない好機を生かしたい。司令塔のSO大田尾は「敵陣22メートル内のセットプレーをどれだけ多くつくれるか。我慢比べになる」と気を引き締める。

ヤマハ発動機の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト