静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

男子東レ、地元初戦に完勝 バレーボールVリーグ

(2018/11/12 12:44)
東レ―VC長野 第3セット、東レの戸崎がスパイクを放つ=三島市民体育館
東レ―VC長野 第3セット、東レの戸崎がスパイクを放つ=三島市民体育館

 バレーボールのVリーグは11日、三島市民体育館などで男女8試合を行った。男子の東レはVC長野を3-0で下し、今季初の地元戦を白星で飾った。
 東レは第1セット、アウンの連続得点などで序盤にリードを広げ、第2セットは戸崎の速攻やアウンのブロックが要所で決まった。第3セットは落合の強打などで得点を積み上げ、ストレート勝ちした。

 ▽男子
東レ(9)3(25―19 25―21 26―24)0 VC長野(3)

 ■14人中13人起用 総力戦でストレート
 東レはVC長野との今季初の地元戦をストレート勝ちで飾った。日本代表のセンター李や新外国人ルジェらが開幕前にけがで離脱する苦しい状況だが、小林監督は底上げの好機と捉え、ベンチ入り14人中13人を起用。総力戦で上位に食らいつく覚悟を見せた。
 李に代わってレフト戸崎をセンターに回す苦肉の策も結果は悪くない。ブロックや速攻で9得点と役目を果たした戸崎は「李さんに代わって(セッターの)藤井さんとのホットラインを築けるように、センターでもうまくなりたい」と前向きに取り組んでいる。
 アジア枠で新加入したレフトのアウンも、チームの苦境をカバーする。「自分の持ち味は全部」の言葉通りスパイク、ブロック、レシーブ、サーブの全てで能力の高さを印象付けた。藤井も「未知の能力がある。武器の幅をもっと広げていきたい」と楽しみにする。
 ルジェが今季初出場を果たすなど、リーグ戦中盤には戦力が整う算段だ。「今日はプレーできることを確認できた。来週はもっといい状態になる」とルジェ。地元での連戦となる次週、連勝で勢いを付ける。

 

東レアローズ男子の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト