静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

静岡市で五輪事前合宿 バドミントンのスペイン代表

(2018/1/11 17:00)

 静岡市は11日、2020年東京五輪・パラリンピックに出場するバドミントンのスペイン代表が同市で事前合宿を行うことについてスペインバドミントン連盟と合意したと発表した。小長谷重之副市長がスペインを訪問し、19日に覚書を締結する。
 静岡市はスペインを対象として、選手と自治体の交流を促すホストタウンに登録されている。スペインのパラリンピックバドミントン代表が2017年9月に清水区の清水ナショナルトレーニングセンターで合宿を行うなど、交流を深めていた。
 事前合宿は18年から20年までの3年間、毎年実施する。日程や場所などの詳細は今後詰めるが、会場は葵区の北部体育館が有力視されている。
 誘致を担当する市スポーツ交流課の長沢秀紀参事兼課長補佐は「施設面はもちろん、市民交流などを通じたおもてなしの姿勢が評価された」と話した。

東京五輪の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト