静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

国際自転車連合が「富士山」コース要望 東京五輪

(2017/4/8 08:26)

 【オーフス(デンマーク)共同】2020年東京五輪の自転車ロードレースについて、国際自転車連合(UCI)が富士山を背景に走るコースへの変更を大会組織委員会に要望していることが7日、UCI関係者の話で分かった。
 国際オリンピック委員会(IOC)は15年12月の理事会で皇居外苑を発着点に東京都内を巡る計画を承認している。実現への課題は多く、組織委は変更の可否を慎重に検討している。
 関係者によるとUCIは昨年のうちに「富士山案」を組織委に示し、デンマークのオーフスで7日まで開かれた国際会議「スポーツアコード」の期間中にも両者が協議の場を持ったという。UCIは現在のコースは高低差が少なく、トップ選手にとって戦略性が低くなると指摘。その上で「日本を象徴する雄大な富士山をバックにコースを設定できれば、テレビや写真の映りも良く、競技の魅力を最大限に引き出せる」と意図を説明した。
 一方で組織委関係者は「ロードは距離が長いためフェンスの設置や警備、審判員の配置が大変で、交通規制も必要になる。実現の可能性を検証しなければいけない」との姿勢を示している。
 東京五輪の自転車は開催費用の削減のため、トラックとマウンテンバイク(MTB)の会場を東京都江東区から、既存施設を活用できる伊豆市に変更している。

東京五輪の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト