静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

磐田東、粘り強く総合力発揮 剣道・静岡県高校新人大会

(2019/1/14 08:34)
男子団体決勝リーグ 相手の胴を狙う磐田東の山本(左)=富士川体育館
男子団体決勝リーグ 相手の胴を狙う磐田東の山本(左)=富士川体育館

 「よかった」。男子団体で連覇を果たした磐田東の内田監督は思わず声を漏らした。昨夏の全国総体16強からメンバーは総入れ替え。実力者ぞろいの3年の陰に隠れてきた1、2年は総合力で王座を守り、指揮官を安心させた。
 全国総体個人戦3位の野瀬(3年)のような中心選手はいない分、一人一人が随所で活躍した。決勝リーグ初戦の磐田西戦は副将正木が値千金の2本勝ち。続く浜名戦は次鋒(じほう)山本が相手の上段構えにも臆せず、スピードを生かして小手を奪った。「監督から前に攻めろと言われていたので」と山本。勝敗を託された大将の大窪主将は2本勝ちで仲間の期待に応えた。
 「先輩は強かった。でも自分たちには自分たちのカラーがある」と大窪は胸を張る。背中を追う後輩たちは手堅く、粘り強く頂点を手にした。

学生スポーツの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト