静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

名城大初制覇、松浦(島田高出)区間賞 全日本大学女子選抜駅伝

(2018/12/31 07:31)
4年連続のアンカーとしてゴールテープを切る県選抜チームの7区・金子=富士総合運動公園
4年連続のアンカーとしてゴールテープを切る県選抜チームの7区・金子=富士総合運動公園

 全日本大学女子選抜駅伝は30日、富士宮市の富士山本宮浅間大社前から富士総合運動公園陸上競技場までの7区間、43・4キロで22チームが参加して行われ、10月の全日本大学女子駅伝を制した名城大が大会新記録の2時間22分50秒で初優勝した。大東大が1分29秒差の2位、6連覇を狙った立命大が3位。
 名城大は4区の松浦佳南(島田高出)が区間賞の走りでトップに立つと5区の加世田梨花、6区の玉城かんなも区間1位のタイムをマークし逃げ切った。
 今大会から正式参加となった静岡県選抜チーム(田中、稲岡、森野、黒川、吉田、佐々木、金子)は2時間37分26秒で22位だった。

 ■静岡県選抜に大声援 力走22位
 昨年までオープン参加だった静岡県選抜は、出場4年目で初めて正式参加チームとしてレースに臨んだ。最終7区の繰り上げスタートでたすきが途切れたが、選手たちは地元の大声援を受けて力走。野津監督は「来年につながる走りを見せてくれた」とたたえた。
 チームを引っ張ったのは富士市出身で4年連続アンカーを任された主将金子(大阪学院大、常葉菊川高出)。現役最後の試合として挑んだレースだった。
 だが、初めてチームのたすきが手元に届かなかった。係員の合図で走りだした瞬間、涙がこみ上げそうになった。気持ちを切り替えると、沿道からの声が耳に飛び込んできた。「頑張れ金子」「頑張れ静岡」-。地元ならではの応援に背中を押され、坂道のきついコースを駆け上がった。
 無事に4度目の大役を果たすと「名前を呼んでくれる人が多くて、力をもらえる大会だった」と充足感をにじませた。
 7区間中5人が1年生。野津監督は「ほとんどの選手が初出場だったが、期待以上タイムを出した選手もいた」と振り返り、次への手応えを語った。

学生スポーツの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト