静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

王者静清、慌てずチャンス生かす 春高バレー静岡県予選

(2018/11/12 13:01)
清水桜が丘-静清 第1セット静清の水野がスパイクを放つ=草薙このはなアリーナ
清水桜が丘-静清 第1セット静清の水野がスパイクを放つ=草薙このはなアリーナ

 王者は終始落ち着いていた。過去2回の全国舞台を踏んでいる高橋主将、榑林ら3年を軸とする静清は、清水桜が丘に先行される序盤の展開にも慌てなかった。
 桜が丘の核は191センチの山田。高さを生かした強打は想定内だった。「2段トスにさせればどんな大エースでも打ち切れない」と高橋。サーブで相手のレシーブを崩し、磨いてきた3枚ブロックでしぶとく食い下がった。
 巡ってきたチャンスボールを生かした。水野は時間差攻撃を織り交ぜて相手に的を絞らせず、森は粘り強くブロックアウトで得点を稼いだ。逆転で第1セットを奪い、第2セットは接戦に勝利。第3セットでは14連続得点と攻守がかみ合った。
 もともとの高い能力に経験も積み重なり、手応えは十分だ。山内監督は「中途半端なことは言わない。とにかく日本一を目指す」と言い切った。
 

学生スポーツの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

天皇杯

◇決勝
浦 和 1 - 0 仙 台 (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト