静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

馬場(浜松商)大会新で優勝 静岡県高校新人陸上・女子やり投げ

(2018/9/23 09:37)
女子やり投げ決勝 44メートル74の大会新記録で優勝した馬場心絢(浜松商)=草薙陸上競技場
女子やり投げ決勝 44メートル74の大会新記録で優勝した馬場心絢(浜松商)=草薙陸上競技場

 静岡県高校新人陸上は22日、草薙陸上競技場で男女19種目を行い、女子やり投げの馬場心絢(浜松商)が44メートル74の大会新記録で優勝した。女子三段跳びは中津川亜月(浜松市立)が12メートル05で大会記録を更新して頂点に立った。400メートルリレーは男子が東海大翔洋、女子は浜松市立が制した。

 ■フォーム修正が奏功
 女子やり投げは1年の馬場(浜松商)が3投目に44メートル74の大会新記録をマークした。1、2投目は緊張でフォームが乱れたが、3投目に修正。「流れが悪かったので、切り替えることができて良かった」と納得の表情だった。
 浜松南部中時代はソフトボール部のエースで、ソフトボール投げでは62メートルの好記録を持つ。高校は個人種目に挑戦したいという気持ちが強く、自分の長所を生かそうとやり投げを始めた。学校は「部活動が盛んな学校で自分を高めたい」と浜松商を選んだ。
 予選落ちした5月の県総体後、高校の先輩に積極的に助言を求めた。課題の助走は改善中だが、西部新人大会で出した自己記録(43メートル70)を更新。馬場は「落ち着いて気持ち良く投げることができた」と笑みをこぼした。

学生スポーツの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト