静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

男子200バタ、小林(浜松市立)「銀」 全国高校総体・水泳

(2018/8/19 08:08)
男子200メートルバタフライ決勝 1分59秒17で2位に入った小林拓(浜松市立)=名古屋市の日本ガイシアリーナ
男子200メートルバタフライ決勝 1分59秒17で2位に入った小林拓(浜松市立)=名古屋市の日本ガイシアリーナ

 大舞台で自己新を連発した。男子200メートルバタフライの小林(浜松市立)が1分59秒17で銀メダルを獲得。自身が持つ県記録と県高校記録を塗り替え、「予選、決勝と2レースで自己新記録を出せたのは自信になった」と胸を張った。
 予選は後半に仕掛け、初めて2分を切る1分59秒25で1位通過した。「気持ちが楽になった」と気分よく迎えた決勝。前半は優勝した石川(愛知・中京大中京)に食らい付いた。
 昨年は予選9位で決勝進出を逃した。「全国で自分のベストを出せるように」と飛躍を誓い、この1年は中盤以降のペースを落とさない泳ぎを目指してきた。
 「記録も順位も悔しい」と冷静に振り返る。日本水泳連盟の強化合宿などに参加できるナショナル選手標準記録(1分59秒16)に100分の1秒届かず、満足はしていない。19日は100メートルバタフライに出場する。「自己ベスト(55秒11)を切りたい」と小林。最高の泳ぎで全国総体を締めくくる。

学生スポーツの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト