静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

サッカー甲信越静U―16開幕 静岡PK戦制し決勝

(2018/3/22 07:57)
静岡―新潟 PK戦で好セーブを見せる静岡のGK西沢=エコパスタジアム補助競技場
静岡―新潟 PK戦で好セーブを見せる静岡のGK西沢=エコパスタジアム補助競技場

 静岡、山梨、長野、新潟4県の16歳以下の選抜チームが参加する第11回甲信越静U―16サッカー大会(静岡新聞社、山梨日日新聞社、信濃毎日新聞社、新潟日報社、各県サッカー協会主催)が21日、エコパスタジアム補助競技場で開幕した。悪天候のため4県総当たりのリーグ戦をトーナメント方式に変更し、静岡と山梨が22日の決勝に駒を進めた。
 静岡は2―2からPK戦で新潟を下し、山梨は3―2で長野を破った。
 22日はエコパスタジアムで午前10時から新潟―長野の3位決定戦、午後0時15分から静岡―山梨の決勝を行う。

 静岡 2(1―1 1―1 PK3―1)2 新潟
 ▽得点者【静】熊取谷、青島【新】小林、白尾

 山梨 3(1―1 2―1)2 長野
 ▽得点者【山】米野2、熊谷【長】稲福、和田

 ■西沢 窮地救う好セーブ
 3連覇を狙う静岡の窮地をGK西沢(沼津JY)が救った。PK戦で新潟の2、3人目を連続セーブ。4人目のキックがバーを直撃して決着した。
 西沢にとって「あまり得意ではない」と話すPK戦。言葉とは裏腹に、2人目はコースを完全に読んだ。3人目は飛んだ方向とは微妙に逆だったが、左手を伸ばしてボールをはじき出した。「みんなの気持ちを感じ、絶対に止めてやろうと思った」と誇らしげだった。
 0―1の前半12分、熊取谷(浜松開誠館中)が中央でクロスに合わせて追い付いた。後半3分はスルーパスに抜け出した青島(清水JY)が相手DFに倒されてPKを獲得。自ら決めて勝ち越したが、10分後にセットプレーから失点した。その後は横なぐりの雨が打ちつける悪条件にも苦しみ、攻撃の形をつくれなかった。
 増田監督(富士東高教)は接戦の勝利を評価した一方、「(決定機を)仕留めれば3―1や4―1で勝てていた」と指摘する。青島は「ここで負けたら福井国体で優勝はできない」と山梨との決勝へ気持ちを切り替えた。

学生スポーツの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

明治安田J1

◇第9節 1回戦
仙 台 0 - 3 磐 田 (終了)
清 水 0 - 1 F東京 (終了)
広 島 1 - 0 鳥 栖 (終了)
浦 和 0 - 0 札 幌 (終了)
川 崎 4 - 1 鹿 島 (終了)
横浜M 4 - 4 湘 南 (終了)
神 戸 3 - 0 名古屋 (終了)
G大阪 1 - 0 C大阪 (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト