静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

東海大翔洋、激闘で順心止める 静岡県高校新人・柔道

(2018/1/22 08:56)
柔道女子団体決勝 代表戦で背負い投げを仕掛ける東海大翔洋の渋谷(右)=県武道館
柔道女子団体決勝 代表戦で背負い投げを仕掛ける東海大翔洋の渋谷(右)=県武道館

 女子は、東海大翔洋が藤枝順心の牙城を崩した。決勝は全員が引き分け、代表戦は抽選で先鋒(せんぽう)の出場が決まった。東海大翔洋の渋谷は、積極的に技を仕掛けてくる藤枝順心の中村の攻撃を耐え抜いた。3分18秒、疲れた相手が指導を受け、激闘に終止符が打たれた。
 個人戦48キロ級を制した渋谷に対し、中村は52キロ級の優勝者。渋谷は13日の個人戦後、団体戦の先鋒(せんぽう)の上限の52キロに体重を増やして対応した。「本戦でポイントを取りたかったが、代表戦で自分が出ることになり、やるしかないと思った」と1年時に世界カデ選手権を制した実力者は胸を張った。
 古内監督は「昨年の方がメンバーがそろっていた。(今年のチームは)普通にやっていたらいつまでも勝てない」と昨年の全国優勝校の夙川学院(兵庫)との合同練習などで鍛え上げた。古内監督が就任時に付属中に入学した百井や沢崎とともに5年目でようやく県の頂点にたどり着いた。

学生スポーツの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

明治安田J1

◇第27節 2回戦
浦 和 4 - 0 神 戸 (終了)
札 幌 0 - 2 鹿 島 (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト