静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

男子66キロ級、寺内(浜商)王座 静岡県高校新人・柔道

(2018/1/14 08:25)
柔道男子66キロ級決勝 内股で一本勝ちした浜松商の寺内(右)=県武道館
柔道男子66キロ級決勝 内股で一本勝ちした浜松商の寺内(右)=県武道館

 浜松商対決となった男子66キロ級決勝は、寺内が山田に内股で一本勝ちした。同校から全国選手権の個人戦代表は4年ぶりとなった。
 山田とは公式戦の決勝では2度目の対戦で初めて勝った。「やりづらかったが、もう少し長く戦いたかった」と寺内。技ありの判定が一本に覆った瞬間は複雑な思いもあった。
 60キロ級を制した山本(東海大翔洋)と同じ京都の藤森中出身。浜松商への出稽古で「松野監督に指導を受ければ絶対にうまくなる」と進学を決めた。
 無差別級決勝では1年の福田が惜敗したが、浜松商は21日の団体戦で8年ぶりの優勝を狙える実力を証明した。寺内は「一人一人が役割を果たし、全員の力を合わせて(団体優勝を)勝ち取りたい」と力を込める。

▽男子60キロ級決勝
 山本(東海大翔洋) 優勢 石川(加藤学園)
 ▽同66キロ級決勝
 寺内(浜松商) 内股 山田(浜松商)
 ▽同73キロ級決勝
 角田(東海大翔洋) 優勢 菊池(日大三島)
 ▽同81キロ級決勝
 村松(東海大翔洋) 優勢 石川(静岡学園)
 ▽同無差別級決勝
 熊谷(加藤学園) 優勢 福田(浜松商)

学生スポーツの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト