静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

常葉大浜松と静岡産大敗れる サッカー全日本大学選手権

(2017/12/17 08:18)
常葉大浜松―筑波大 前半、常葉大浜松の土井(左)がシュートを放つ=江東区夢の島競技場
常葉大浜松―筑波大 前半、常葉大浜松の土井(左)がシュートを放つ=江東区夢の島競技場

 サッカーの全日本大学選手権(インカレ)は16日、江東区夢の島競技場などで2回戦を行った。常葉大浜松は昨年覇者の筑波大に1―2で、静岡産大は総理大臣杯優勝の法大に0―3でそれぞれ敗れた。
 常葉大浜松は2点を追う後半37分、土井のシュートで1点差と迫った。終盤は猛攻を仕掛けたが、追いつけなかった。J1磐田に内定している筑波大の中野(磐田ユース出)は出場しなかった。

 ▽2回戦
 筑波大 2(1―0 1―1)1 常葉大浜松
 法大 3(2―0 1―0)0 静岡産大

 ■前回王者に食らい付く 常葉大浜松
 常葉大浜松は前回王者に最後まで食らい付いた。沢登監督は「臆することなく戦えた。勝てるチャンスはあったし、相手を焦らせることはできた」と選手の健闘をたたえた。
 筑波大に2点目を許した直後に反撃に出た。後半37分。ゴール前でパスを受けた土井は「コースが見えていた。力を抜いて打てた」と迷わず右足を振り抜いた。チームは勢いを取り戻し、終了間際まで相手ゴールに迫り続けた。
 「筑波大には勝ち切る強さがあった」と土井。1点差に迫ったが、その1点が遠い。状況に応じた相手の流動的な攻撃に苦しんだ酢崎主将も「ピッチに監督が11人いるよう。なんで(天皇杯で)Jクラブに勝てるのかが分かった」と実感する。
 格上に対抗できた一方で、日本一との差も痛感した試合だった。土井は「筑波大相手でもやれる自信はできた。勝ちきれる力をつけて、もっと上のレベルにいきたい」と雪辱を誓った。

学生スポーツの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

JリーグYBCルヴァン・カップ

◇第4節 2回戦 A組
F東京 2 - 2 横浜M (終了)
新 潟 3 - 1 仙 台 (終了)
◇第4節 2回戦 B組
磐 田 2 - 3 札 幌 (終了)
清 水 1 - 1 甲 府 (終了)
◇第4節 2回戦 C組
名古屋 2 - 1 広 島 (終了)
G大阪 0 - 1 浦 和 (終了)
◇第4節 2回戦 D組
長 崎 1 - 2 神 戸 (終了)
鳥 栖 0 - 0 湘 南 (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト