静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

“世界の飯塚”走り指導 沼津で中学生対象クリニック

(2017/11/5 08:40)
走り方の指導をする飯塚選手(中央)=沼津市足高の愛鷹広域公園多目的競技場
走り方の指導をする飯塚選手(中央)=沼津市足高の愛鷹広域公園多目的競技場

 リオデジャネイロ五輪男子400メートルリレー銀メダリストの飯塚翔太選手(ミズノ、御前崎市出身)による「中学生陸上競技クリニック」が4日、沼津市足高の愛鷹広域公園多目的競技場で開かれた。県の「トップアスリート等派遣事業」の一環で、東部地区の中学生約100人が世界で活躍するアスリートの走りを学んだ。
 飯塚選手は、足首の力だけで走ってその日の足の調子やバランスを確認する方法や、足を上げる際にもう一方の膝の横を通るよう意識させる練習方法を紹介。「自分で必要だと思った方法を普段のトレーニングに取り入れてほしい」と話した。
 飯塚選手の長いストライドや素早い足の運びを間近に見た中学生からは、歓声が上がった。函南町立函南中2年の男子生徒は「体を反らさず、足を膝の高さまで上げることを意識して練習していきたい」と意気込みを語った。

学生スポーツの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト