静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

中津川(浜松市立高)準V 愛媛国体・陸上少年女子B走り幅

(2017/10/7 08:19)
陸上少年女子B走幅跳び決勝 1位と同記録の6メートル00ながら、2番目の記録差で2位となった中津川亜月(浜松市立高)=愛媛県松山市の県総合運動公園陸上競技場
陸上少年女子B走幅跳び決勝 1位と同記録の6メートル00ながら、2番目の記録差で2位となった中津川亜月(浜松市立高)=愛媛県松山市の県総合運動公園陸上競技場

 記録を狙った末の惜敗に悔いはなかった。陸上少年女子B走り幅跳びの中津川(浜松市立高)は4本目の6メートル00で首位に立ったが、6本目に御家瀬(北海道)に並ばれ、2番目の記録の差で優勝を逃した。中津川の5、6本目はわずかにファウル。だが、「攻めた結果。助走はよかった」とすがすがしかった。
 予選は5メートル77止まり。ばねを生かした高い跳躍が持ち味だが、「踏み切りを合わせにいって、上に浮くだけになっていた」。4本目は失敗を恐れずトップスピードで突っ込んだ。自己2番目の6メートル00。「全国舞台で6メートルを跳べたことに満足」と笑顔を見せた。
 6月の東海高校総体は全国出場権を逃した。入学後にスピードが増した助走を踏み切りにつなげられなかった。だが、夏の県代表合宿で「踏み切り板を見ず、遠くを見よう」と指導され急成長した。
 9月の西部高校新人大会と県新人大会に続き、高校女子の目標になる6メートルの大台を1カ月間で3度マーク。1年生ジャンパーが大きな可能性を示した。

学生スポーツの記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト