静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

<全国中学校体育大会>サッカー翔洋、開誠館 2回戦敗退 

(2017/8/21 08:10)
東海大翔洋―青森山田 後半、右サイドから相手ゴール前にパスを出す東海大翔洋の兼子(左端)=熊本県の大津町運動公園
東海大翔洋―青森山田 後半、右サイドから相手ゴール前にパスを出す東海大翔洋の兼子(左端)=熊本県の大津町運動公園

 ■サッカー
 ▽2回戦
 青森山田 4(1―0 3―0)0 東海大翔洋
 長崎南山 2(1―0 1―0)0 浜松開誠館

 ■守備崩せず無得点 翔洋
 サッカーの東海大翔洋は2回戦で青森山田に0-4で敗れた。「相手についていけなかった。1点も返せなかったのが本当に悔しい」。DF勝又主将は声を震わせ、唇をかんだ。
 全中3連覇中の王者に押し込まれるのは想定内だった。「2点差までなら取り返せる」との太田監督の言葉通り、前半はパスを回して相手のスタミナを消耗させ、1失点に抑えた。流れは悪くなかった。
 だが後半は、相手の前線へのロングボールに走らされて反対に体力を奪われた。相手ゴールに迫った場面もあったが、守備を崩せず決められなかった。苦しい時間が続き、後半24、25分に連続ゴールを許した。流れを変えられないまま試合終了の笛が鳴り、選手の頬に悔し涙が伝った。
 3年ぶりの全中。結果的に点差は開いたが「翔洋らしいサッカーができた」と太田監督は選手をたたえた。勝又は「来年も必ず帰ってきて、優勝を目指してほしい」と後輩に夢を託した。

学生スポーツの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト