静岡新聞SPORTS

J1清水、今季初実戦 静岡産大と練習試合

(2019/1/30 09:39)
清水-静岡産大 先制のシュートを決める清水の滝=三保グラウンド
清水-静岡産大 先制のシュートを決める清水の滝=三保グラウンド

 J1清水は29日、三保グラウンドで静岡産大と練習試合(30分×3本)を行った。今季初の実戦で6得点を挙げ、ヨンソン監督は「春季キャンプ前に対外試合をやりたかった。各選手とも良い動きだった」と評価した。
 北川、ドウグラスが不在で、主力組の2トップはFW鄭大世と2年目のMF滝が入り、それぞれ2得点。滝は「相手の背後へ抜け出すことを意識した」と手応えを語った。右サイドバックに入ったDFエウシーニョも積極的に攻撃参加し、滝の得点をアシストした。
 31日から2月10日まで鹿児島市内でキャンプを行う。指揮官は「攻撃のテンポの速さ、堅固な守備を求めていきたい」と話した。

話題の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト