静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

湘南戦初得点へ闘志 J1清水のFW鄭大世

(2018/10/31 17:00)
湘南戦初ゴールを狙う清水の鄭大世=三保グラウンド
湘南戦初ゴールを狙う清水の鄭大世=三保グラウンド

 J1清水のFW鄭大世(34)が、11月2日の敵地湘南戦で30クラブ目のゴールを狙う。川崎時代を含めてJ1、J2のリーグ戦で29クラブから得点を奪ったが、湘南にはこれまで無得点。鄭大世は「得点していない数少ないクラブ。しっかり仕事ができればいい」と闘志を秘めて節目の記録に挑む。
 鄭大世は前節10月20日の広島戦で3カ月ぶりに公式戦復帰。クリスランに代わって途中出場し、後半2分に北川のパスを豪快に蹴り込み19試合ぶりのゴールを決めた。「うれしかったのは自分が喜び終えているのに、サポーターの雄たけびが終わらなかった。自分の得点がチームに勢いをもたらすことを実感した」と試合後も興奮は収まらなかった。
 今季は激しいポジション争いに加え、右太もも肉離れなどの故障もあり、14試合出場で2得点と物足りない成績だ。しかし、自らの得点が勝敗を左右した昨年までとは違い「今はミスを恐れず、積極的にシュートが打てる」と楽な精神状態でサッカーに向き合っている。
 清水は3連勝で11試合連続得点と威勢がいい。湘南はルヴァン杯決勝、磐田戦と中2日の過密日程で臨む。「残り4試合、ジョーカーとしてチームを盛り上げたい」と鄭大世。勝てばJ1残留が決まる試合に全力で立ち向かう。

話題の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト