静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

J1清水、2桁得点へFW金子が闘志 「20点に貢献」目標修正

(2018/10/4 17:00)
7日の磐田戦で今季10得点目を狙う清水の金子=三保グラウンド
7日の磐田戦で今季10得点目を狙う清水の金子=三保グラウンド

 J1清水のFW金子翔太(23)が今季2桁得点へあと1と迫っている。プロ5年目の今季はリーグ戦28試合すべてに先発出場。チームトップタイの9得点を挙げ、エースに成長した。7日の静岡ダービー、磐田戦(アイスタ)は節目のゴールで勝利に導く。
 金子が開幕前、目標に掲げたのは「15得点に絡むこと」。自己最多の4得点を4月の名古屋戦で早々とクリアし、前節FC東京戦までに9得点5アシスト。「残りの試合で20得点に貢献する」と目標を上方修正して意識を高めている。
 右MFで起用されている今季は運動量にも質を求め「(FW起用の)昨年はやみくもに走っていたが、今年は効率良く動いて守備のサポートもできている」と手応えを語る。
 ワールドカップ(W杯)をテレビ観戦し、日本代表を意識し始めた。「代表の前線はゴール前でしっかり仕掛けている。自分の足りない部分」と課題を分析し、「まずチームで結果を出すこと」と163センチの大黒柱は足元を見つめ直す。
 今季の静岡ダービーはルヴァン杯を含め1勝1敗1分。7日のリーグ戦は清水が勝ち点4上回る状態で迎える。「マイナスの要素は何もない。ダービーは引き分けでも許されない」と気合を入れる。金子が磐田のゴールをこじ開け、チームを勢いづかせる。

話題の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト