静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

キャンプ打ち上げ、ヨンソン戦術浸透 J1清水・鹿児島キャンプ

(2018/2/10 08:27)
11日間のキャンプを終え、ランニングする清水の選手=鹿児島市の鹿児島ふれあいスポーツランド
11日間のキャンプを終え、ランニングする清水の選手=鹿児島市の鹿児島ふれあいスポーツランド

 J1清水は9日、キャンプを打ち上げた。最終日はランニングやパス練習などで汗を流し、全員が輪になって拍手で終えた。ヨンソン監督は「チームの底上げと個人の成長がみられ、戦術も浸透してきた。良い方向に向かっている」と総括した。
 11日間で実戦3試合を行い組織的な守りと攻撃の連係で勝負するスタイルをはっきりさせた。指揮官はルーキー高橋らの名前を挙げながら若手の技術向上を評価。鹿島とのリーグ開幕戦までの課題については「試合の流れにつながるプレーと判断の速さを磨く」と指摘した。チーム最年長のGK西部は「充実した毎日だった。監督が求めている部分も確認できている」と語った。
 8日夜は選手やフロント、スタッフ65人が鹿児島市内の飲食店で決起集会を行い、絆を強めた。MF竹内は「チームが一つになり、『やるぞ』という雰囲気になった」と話した。
 けが人が出たほか、パスのスピードや相手に押し込まれている時の対応など改善すべき点は多い。開幕まで約2週間。激しい先発争いを繰り広げながら、J1を勝ち抜くチームに仕上げていく。

話題の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

明治安田J1

◇第1節 1回戦
鳥 栖 1 - 0 神 戸 (後半)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト