静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

飯田、開幕先発名乗り J1清水・鹿児島キャンプ

(2018/2/7 08:19)
右サイドバックとして評価が高まる清水の飯田(左)=鹿児島市の鹿児島ふれあいスポーツランド
右サイドバックとして評価が高まる清水の飯田(左)=鹿児島市の鹿児島ふれあいスポーツランド

 J1清水の大卒2年目、DF飯田が評価を高めている。練習試合では主力組の右サイドバックでプレー。FW陣に丁寧なクロスを供給するなど開幕スタメンの有力候補に名乗りを上げた。
 ヨンソン新監督が求める組織的な守備からリズムをつかむスタイルは、攻撃重視のサイドバックが重要な役割を果たす。キャンプ前の戦術練習で一番目立っていたのは飯田だった。キャンプ中の練習試合でも積極的な攻撃参加で決定機を演出している。指揮官は5日のJ1長崎戦後にキーマンの一人として飯田の名前を挙げた。
 今季に懸ける思いは人一倍だ。昨季は左かかと手術などで出場は1試合のみ。「悔しかったし、情けなかった。大卒は若くないと思っているので出遅れた分を取り返したい」と力を込める。
 野洲高(滋賀)の先輩で全国高校選手権優勝メンバーの楠神が加入し、村田を含め同校OBは3人。「楠神さんはレジェンド。一緒にプレーできるだけで幸せ」と飯田。「年間を通して点が取れるサイドバック」と理想像を描き、存在感を高めていく。

 ■クリスラン全体練習復帰
 右内転筋を痛めていたクリスランが全体練習に復帰した。「試合をイメージしながら取り組んだ。状態は落ちていない」と強烈な左足シュートなど鋭い動きを披露した。前日までの3日間は別メニュー調整で、練習試合も参加しなかった。
 ヨンソン監督は8日のJ2岐阜戦に「ゴールを期待したい」と新加入のブラジル人ストライカーを起用することを示唆した。キャンプの実戦では決め手不足が課題となっているが、クリスランのプレー次第では前線のレギュラー争いが面白くなりそうだ。

話題の記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト