静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

鄭大世、右膝負傷 全治4週間 J1清水

(2017/10/18 08:29)

 J1清水は17日、FW鄭大世(33)が静岡市内の病院で検査を受け、右膝内側側副靱帯(じんたい)損傷で全治4週間と診断されたと発表した。14日の磐田戦で負傷した。
 鄭大世は磐田戦の開始直後の接触プレーで右膝を痛めた。後半22分までプレーを続けたが、けがの影響から精彩を欠き、チームは0―3で完敗した。残留を争う残り5試合を前にエースで主将の長期離脱。鄭大世は「このタイミングで外れるのは選手としてありえない。本当に申し訳ない」と唇をかんだ。
 鄭大世は8月に左ヒラメ筋肉離れで約2カ月間、戦列から離れた。復帰した9月の広島戦で得点を挙げるなど存在感を示したが、わずか3試合で再離脱することになった。
 次節21日の仙台戦と29日のFC東京戦の敵地2試合の欠場は決定的だが、「札幌戦には間に合わせたい」と11月18日の13位札幌とのホーム戦復帰を見据える。

話題の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト